国内

宮内庁がSNSでの情報発信を検討 佳子さまが報道に自ら反論される可能性も

佳子さまが自ら反論されることもあるのか(写真/宮内庁提供)

佳子さまが自ら反論されることもあるのか(写真/宮内庁提供)

 自らの意思を決して曲げず、不器用な一面がある秋篠宮家の長女・眞子さんとは異なり、次女の佳子さまには世渡り上手で器用な一面があるという。姉の結婚までの道のりをご覧になり、妹は自由な情報発信の必要性を痛感させられたのか、宮内庁にSNS開設の機運が高まっている。

 今年8月、佳子さまの私生活にひっそりと波風が立った。“交際のお相手”としてAさんの存在が報じられたのだ。Aさんは学習院初等科時代の同級生で、中高ともに学習院に通った人物。実家が歯科医院のAさんは彼自身も歯科医で、いまは家業を手伝っており、佳子さまがその歯科医院を訪れたことで“交際中”と報じられた。

「もし交際されているならば、もう少し隠れた場所でお会いになられるはずです。実は、あの歯科クリニックはもともと秋篠宮家が懇意にしていたそうです。Aさんの両親は、学習院大学で紀子さまと同学年で、秋篠宮さまとも親交が深い。佳子さまは単なる通院ではないかという見方が大勢を占めたのです。

 また、クリニックから帰路につく際、佳子さまは彼の両親には見送られていますが、そこにAさんの姿はありません。当日、クリニックにいたかどうかもわかりません」(宮内庁関係者)

 眞子さんと小室圭さんの結婚をめぐる騒動を、仮に“炎上”と表現するならば、佳子さまの今回の報道は“ボヤ騒ぎ”程度といえるかもしれない。しかし、当の佳子さまは激怒されているという。

「佳子さまは、皇族を取り巻く報道とその受け止め方に関して非常に慎重なお考えをお持ちで、機会のあるごとにお気持ちを表明されてきました」(皇室記者)

 印象的なのは、2019年3月、国際基督教大学(ICU)卒業に際しての文書回答だ。ご自身のご結婚と、眞子さんの結婚延期について問われた佳子さまは、

《相手がいるかについてですが、このような事柄に関する質問は、 今後も含めお答えするつもりはございません》
《姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています》

 と答えられた。秋篠宮さまも、佳子さまと同様のスタンスだ。昨年の誕生日会見では、誤った報道に対して反論する場合には「一定のきちんとした基準」が必要だとの見解を示し、「宮内庁とも相談しながら」ことを進めたいというお考えを示されていた。

 お2人が念頭に置かれているのは、やはり、眞子さんのことだろう。

「結婚会見を前にして、眞子さんは『複雑性PTSD』を患っていると宮内庁から発表がありました。2018?2019年頃から、誹謗中傷を正すことが難しい、状況を変えることが困難であるという無力感を感じる状態だったそうです。佳子さまも、秋篠宮さまも、そのことに責任を感じておられるのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 眞子さんの結婚から2日後の10月28日には宮内庁長官も記者会見で「時代の変化に伴ってどういう情報発信のあり方がふさわしいのか、今後研究していきたい」と言及した。別の宮内庁関係者が振り返る。

「これまで宮内庁は、明らかな誤報に関しては、ホームページ(HP)上の『皇室関連報道について』という欄で、誤りを正してきました。しかし、時代は変わり、一般人のSNSがメディアと同等、もしくはそれ以上の影響力を持つようになった。一連の騒動をもって初めて皇族方も宮内庁も、SNSのはらむ恐ろしさに気がついたのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン