国内

宮内庁がSNSでの情報発信を検討 佳子さまが報道に自ら反論される可能性も

佳子さまが自ら反論されることもあるのか(写真/宮内庁提供)

佳子さまが自ら反論されることもあるのか(写真/宮内庁提供)

 自らの意思を決して曲げず、不器用な一面がある秋篠宮家の長女・眞子さんとは異なり、次女の佳子さまには世渡り上手で器用な一面があるという。姉の結婚までの道のりをご覧になり、妹は自由な情報発信の必要性を痛感させられたのか、宮内庁にSNS開設の機運が高まっている。

 今年8月、佳子さまの私生活にひっそりと波風が立った。“交際のお相手”としてAさんの存在が報じられたのだ。Aさんは学習院初等科時代の同級生で、中高ともに学習院に通った人物。実家が歯科医院のAさんは彼自身も歯科医で、いまは家業を手伝っており、佳子さまがその歯科医院を訪れたことで“交際中”と報じられた。

「もし交際されているならば、もう少し隠れた場所でお会いになられるはずです。実は、あの歯科クリニックはもともと秋篠宮家が懇意にしていたそうです。Aさんの両親は、学習院大学で紀子さまと同学年で、秋篠宮さまとも親交が深い。佳子さまは単なる通院ではないかという見方が大勢を占めたのです。

 また、クリニックから帰路につく際、佳子さまは彼の両親には見送られていますが、そこにAさんの姿はありません。当日、クリニックにいたかどうかもわかりません」(宮内庁関係者)

 眞子さんと小室圭さんの結婚をめぐる騒動を、仮に“炎上”と表現するならば、佳子さまの今回の報道は“ボヤ騒ぎ”程度といえるかもしれない。しかし、当の佳子さまは激怒されているという。

「佳子さまは、皇族を取り巻く報道とその受け止め方に関して非常に慎重なお考えをお持ちで、機会のあるごとにお気持ちを表明されてきました」(皇室記者)

 印象的なのは、2019年3月、国際基督教大学(ICU)卒業に際しての文書回答だ。ご自身のご結婚と、眞子さんの結婚延期について問われた佳子さまは、

《相手がいるかについてですが、このような事柄に関する質問は、 今後も含めお答えするつもりはございません》
《姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています》

 と答えられた。秋篠宮さまも、佳子さまと同様のスタンスだ。昨年の誕生日会見では、誤った報道に対して反論する場合には「一定のきちんとした基準」が必要だとの見解を示し、「宮内庁とも相談しながら」ことを進めたいというお考えを示されていた。

 お2人が念頭に置かれているのは、やはり、眞子さんのことだろう。

「結婚会見を前にして、眞子さんは『複雑性PTSD』を患っていると宮内庁から発表がありました。2018?2019年頃から、誹謗中傷を正すことが難しい、状況を変えることが困難であるという無力感を感じる状態だったそうです。佳子さまも、秋篠宮さまも、そのことに責任を感じておられるのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 眞子さんの結婚から2日後の10月28日には宮内庁長官も記者会見で「時代の変化に伴ってどういう情報発信のあり方がふさわしいのか、今後研究していきたい」と言及した。別の宮内庁関係者が振り返る。

「これまで宮内庁は、明らかな誤報に関しては、ホームページ(HP)上の『皇室関連報道について』という欄で、誤りを正してきました。しかし、時代は変わり、一般人のSNSがメディアと同等、もしくはそれ以上の影響力を持つようになった。一連の騒動をもって初めて皇族方も宮内庁も、SNSのはらむ恐ろしさに気がついたのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン