国内

宮内庁がSNSでの情報発信を検討 佳子さまが報道に自ら反論される可能性も

佳子さまが自ら反論されることもあるのか(写真/宮内庁提供)

佳子さまが自ら反論されることもあるのか(写真/宮内庁提供)

 自らの意思を決して曲げず、不器用な一面がある秋篠宮家の長女・眞子さんとは異なり、次女の佳子さまには世渡り上手で器用な一面があるという。姉の結婚までの道のりをご覧になり、妹は自由な情報発信の必要性を痛感させられたのか、宮内庁にSNS開設の機運が高まっている。

 今年8月、佳子さまの私生活にひっそりと波風が立った。“交際のお相手”としてAさんの存在が報じられたのだ。Aさんは学習院初等科時代の同級生で、中高ともに学習院に通った人物。実家が歯科医院のAさんは彼自身も歯科医で、いまは家業を手伝っており、佳子さまがその歯科医院を訪れたことで“交際中”と報じられた。

「もし交際されているならば、もう少し隠れた場所でお会いになられるはずです。実は、あの歯科クリニックはもともと秋篠宮家が懇意にしていたそうです。Aさんの両親は、学習院大学で紀子さまと同学年で、秋篠宮さまとも親交が深い。佳子さまは単なる通院ではないかという見方が大勢を占めたのです。

 また、クリニックから帰路につく際、佳子さまは彼の両親には見送られていますが、そこにAさんの姿はありません。当日、クリニックにいたかどうかもわかりません」(宮内庁関係者)

 眞子さんと小室圭さんの結婚をめぐる騒動を、仮に“炎上”と表現するならば、佳子さまの今回の報道は“ボヤ騒ぎ”程度といえるかもしれない。しかし、当の佳子さまは激怒されているという。

「佳子さまは、皇族を取り巻く報道とその受け止め方に関して非常に慎重なお考えをお持ちで、機会のあるごとにお気持ちを表明されてきました」(皇室記者)

 印象的なのは、2019年3月、国際基督教大学(ICU)卒業に際しての文書回答だ。ご自身のご結婚と、眞子さんの結婚延期について問われた佳子さまは、

《相手がいるかについてですが、このような事柄に関する質問は、 今後も含めお答えするつもりはございません》
《姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています》

 と答えられた。秋篠宮さまも、佳子さまと同様のスタンスだ。昨年の誕生日会見では、誤った報道に対して反論する場合には「一定のきちんとした基準」が必要だとの見解を示し、「宮内庁とも相談しながら」ことを進めたいというお考えを示されていた。

 お2人が念頭に置かれているのは、やはり、眞子さんのことだろう。

「結婚会見を前にして、眞子さんは『複雑性PTSD』を患っていると宮内庁から発表がありました。2018?2019年頃から、誹謗中傷を正すことが難しい、状況を変えることが困難であるという無力感を感じる状態だったそうです。佳子さまも、秋篠宮さまも、そのことに責任を感じておられるのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 眞子さんの結婚から2日後の10月28日には宮内庁長官も記者会見で「時代の変化に伴ってどういう情報発信のあり方がふさわしいのか、今後研究していきたい」と言及した。別の宮内庁関係者が振り返る。

「これまで宮内庁は、明らかな誤報に関しては、ホームページ(HP)上の『皇室関連報道について』という欄で、誤りを正してきました。しかし、時代は変わり、一般人のSNSがメディアと同等、もしくはそれ以上の影響力を持つようになった。一連の騒動をもって初めて皇族方も宮内庁も、SNSのはらむ恐ろしさに気がついたのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン