国内

小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は

小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか

小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか(右写真は時事通信フォト)

“小室家の司令塔”眞子さんは、頭を悩ませる日々が続いている。小室さんの合否発表を目前に、佳代さんの“第二の金銭トラブル”が発覚したのだ。人一倍責任感の強い嫁は、姑の期待を前に、どのように問題を解決に導くのか。

 運命の日まで、1か月を切った。10月末、7月に行われた米ニューヨーク州司法試験の合格者が発表される。三度目の正直で試験に挑んだ小室圭さん。妻の眞子さんとの今後の行く末は、合否にかかっているといっても過言ではない。

「秋篠宮さまが、3度目を最後にするべきだとお考えだそうです。不合格でもニューヨークでの生活を望む場合は、これまでふたりを支援していた在ニューヨーク日本総領事館など、秋篠宮さまとかかわりのある組織からのサポートが打ち切られる可能性もある。小室さん夫婦は、主に経済的な面で崖っぷちに追い込まれるのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 事の発端は、2度目の試験の合格発表時に遡る。今年4月、不合格を受け、小室さんは「合格点に5点足りず、とても無念です」と元勤務先の代表にすぐに連絡した。しかし、秋篠宮さまに対しては、受験の報告はおろか、合否の報告すらなかったという。

「秋篠宮さまは小室さんに強い不信感を持たれ、“4度目以降に合格したとしても弁護士として通用しないのではないか”と周囲に話されたといいます」(前出・宮内庁関係者)

 ただ、眞子さんは、まるで秋篠宮さまに反発するように、「合格」を切望しているという。

「皮肉なことに、眞子さんの『一度決めたことは頑として曲げない』という一面は、秋篠宮さま譲りです。彼女は、小室さんが弁護士になることを諦めないでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 眞子さんが腐心する小室さんの合格。一方その頃、日本では義母・佳代さんがSOSを出していた。

「いままであなたに貢いだお金を返してください!」

 佳代さんが元恋人に1600万円の金銭を要求している──『週刊文春』(2022年9月22日号)で、佳代さんの“第二の金銭トラブル”が報じられた。

「相手は、いまから20年ほど前の2002年頃に交際していた彫金師のA氏です。アクセサリーなどを作る仕事をしているようで、現在は70代半ば。白髪ですが体格がよく、年齢よりも若く見えます。今年春頃に再び親密な関係になったそうですが、その後、破局。仲違いの末に、交際期間中にA氏のために使った生活費などに慰謝料を加えた約1600万円を要求しているそうです」(皇室記者)

 2人が交際を始めたのは、小室さんの父・敏勝さんが自死で亡くなってから、1年も経たない頃のことだったという。当時、A氏はお金に困っていたそうだ。小室家の知人が語る。

「彫金の仕事が軌道に乗っておらず、Aさんは飲食店で働いていました。そのうちに、A氏は佳代さんの自宅に居候をし始めたそうです。彼女は『彼の面倒を見るつもりなの』と乗り気でしたよ。ただ、圭くんが“お願いだから出て行って!”と泣いてお願いして、2人は破局したと聞いています」

 眞子さんとの婚約内定後に発覚し、世間を震撼させた、元婚約者X氏との間の“第一の金銭トラブル”が起きるのは、A氏が小室家から姿を消してから数年後のことだ。

「X氏は、婚約期間中に小室家側に使った約400万円の返済を要求。対して小室家側は、『貸与ではなくて贈与と認識している』と主張、両者の話し合いは平行線を辿りました」(前出・皇室記者)

 解決の兆しを見せなかった“第一の金銭トラブル”には、眞子さんも深くかかわった。昨年10月に行われた結婚会見で、金銭トラブルについて眞子さんはこう明言した。

「婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした。たとえば、圭さんのお母さまの元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めていただきました」

 前出の宮内庁関係者もこれには驚いたという。

「皇族という立場でありながら、一市民である小室家側に立ち、金銭トラブル対応の舵取りを担ったとはっきり公表したのです」

 具体的には、小室家側が録音した「(お金を)返してもらうつもりはなかった」というX氏の音声をもとに、眞子さんは小室家側に「返済する必要はない」とアドバイスを送っていたようだ。しかし、結果的に問題を長引かせることにつながり、渡米直前の昨年11月にX氏に約400万円の解決金を支払うまで、問題は燻り続けた。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン