国内

小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表

日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)

日本食を恋しく思っているという(写真/ABACAPRESS/時事通信フォト)

 2012年、美智子さまの喜寿を記念した特別展に、美智子さまが小学3年生の「眞子ちゃん」にあてた手紙が収録された。それから10年。眞子さんは皇室から離れ、異国の地で生きることを選んだ。帰国の予定はない──米寿を迎えられる「ばあば」に対し、彼女はいま何を思うだろうか。

 夜の冷えこみも増し、すっかり秋めいた9月下旬のニューヨークの街。小室眞子さんの姿は、自宅から徒歩15分の鮮魚店にあった。長い髪はコンパクトにまとめられ、黒いVネックの長袖カットソーにデニムを合わせ、肩からはエコバッグと黒いポシェットを下げている。鮮魚店の店員は、「うちはニューヨークでは珍しく、新鮮な海産物を扱っているので、日本人がよく来るんですよ」と話す。

「魚を生食する文化のないアメリカのスーパーでは、日本のように気軽に魚が手に入らないんです。お刺身など新鮮な魚が食べたくなったら、専門店で買うしかない。彼女はポンパノという白身魚とさわらを買っていきましたよ。わざわざうちに来たということは、日本食が恋しくなったのでしょう」(前出・鮮魚店の店員)

 誰しも、生まれ故郷から長く離れると思い出すのは、「ふるさとの味」だろう。家族で囲んだ懐かしい食卓の向こうに浮かぶ母親の顔、そして初孫の自分を誰よりもかわいがり、甘えさせてくれた祖母の笑顔──。

 この10月末、小室圭さんが7月末に受験した3度目のニューヨーク州司法試験の合格発表が控えている。

「秋篠宮さまは周囲に『4度目の受験は許されない』と漏らされているといいます。今回も不合格の場合には、在ニューヨーク日本国総領事館など、これまでふたりを支援してきた秋篠宮さまとかかわりのある組織からの支援が打ち切られるかもしれません。物価の高騰が続くニューヨークで種々のサポートがなくなったら、ふたりは果たして生活を続けられるでしょうか」(宮内庁関係者)

 小室さんが弁護士を目指して渡米してからはや4年。いまだに弁護士にはなれず、法律事務所で事務員として働く。

「小室さんの仕事が不安定であることは、眞子さんの仕事にも影響するんです。夫婦がアメリカに住むためにはビザが必要ですが、小室さんの仕事の都合で、いま眞子さんは現地では職を得ることができない『配偶者ビザ』で暮らしているとされます。眞子さんとしては、これまでのキャリアを生かして美術館や博物館でバリバリ働きたいでしょうが、いまのところは“無償のボランティア”としてしか働けない状態です」(現地ジャーナリスト)

 すでに世界最高峰の「メトロポリタン美術館」に展示されていた日本人画家の絵に解説文書を寄せるなどの活動を始めている眞子さん。最近は美術館の職員らと視察に出かけ、頻繁にミーティングを行っていると報じられたが、ボランティアでは思う存分働けないのが現状だろう。

「10月は結婚1周年であるのと同時に、眞子さんの誕生日(23日)も、小室さんの誕生日(5日)もある。まさか1年経っても、仕事も生活も安定していないとは思ってもみなかったでしょう。何より、今年の10月というのは、皇室にかかわる人にとっては、何にもましておめでたいことがあるのに……」(前出・宮内庁関係者)

 10月20日、上皇后美智子さまが「米寿」の88才の誕生日を迎えられる。美智子さまのおめでたい節目となれば、皇室内外が広く祝賀ムードで盛り上がることだろう。

「眞子さんは上皇ご夫妻にとっては目に入れても痛くないほどかわいい初孫です。眞子さんは、結婚が足踏みをしたときに寄り添ってくださった美智子さまに、皇室からは離れたけれど、せめて元気な顔を見せたい、お祝いの一言でも伝えたいという気持ちでしょう。

 ただ、まさかの想定外で、3回も司法試験を受けることになった小室さんの合格発表がこの10月末に控えています。さすがに今後の生活の見通しも立たない瀬戸際となると、祖母の誕生日のお祝いで日本に帰っている場合ではないかもしれません。眞子さんにとっては大誤算であり、痛恨のことです」(皇室ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン