芸能

松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独

松原千明さんの死の真相

松原千明さんが感じていた深い孤独とは

「I’m such a loner」──2018年、ハワイの海の景色とともに、Facebookにこう胸の内をつづった松原千明さん(享年64)。ちょうどこの頃から精神安定剤を頼りにしていたという彼女は何を思って日々を過ごしていたのか──。

 ホノルルの中心地から少し離れた閑静な住宅地に立つヴィンテージマンション。主を失った部屋には悲痛な鳴き声が響き渡る。松原千明さんが亡くなって1か月あまり。彼女が最後の時間を過ごしたマンションの一室には“残されたもの”がある。

「亡くなってからしばらく経ち、息子さんが頻繁に荷物を運び出しています。ただ、松原さんがかわいがっていた愛犬のボストンテリアはまだ部屋の中にいるみたいで……。時々、部屋の前を通ると悲しそうな声でクーン、クーンと鳴いているのが聞こえてきてね。

 松原さんは家族として愛情をたっぷり注いでいたし、いつもワンちゃんと“2人っきり”でしたから……彼女がいなくなったことを理解できず、いまも“ママ”が帰ってくるのをずっと待っているんだと思います」(マンションの住人)

《松原千明さん ハワイで急死》──25年もハワイに住む松原さんが、10月8日に自宅マンションでひっそりと亡くなっていた――本誌『女性セブン』2022年12月1日号で報じた彼女の死は衝撃をもって受け止められ、芸能界は騒然となった。

 元夫の石田純一(68才)は11月16日に報道陣の取材に応じ、「もう少し、ぼくに力になれることがあったのではないかと後悔しています」と沈痛な面持ちで語った。沈黙が続く娘のすみれ(32才)はMCを務めるラジオ番組を2週にわたって欠席。憔悴が伝えられるなか、11月21日には若かりし頃の母の写真とともにインスタグラムを更新し、「I will love you forever」と思いをつづった。

 また、石田の妻・東尾理子(47才)が11月18日に更新したインスタグラムには、理子の誕生日を笑顔で祝福するすみれの姿があり、ファンを安堵させた。松原さんの死因は現在まで不明のままだが、前述の取材時に報道陣から、「(松原さんは)精神的に不安定だったのか」と聞かれた石田は、こう語った。

「そうですね。精神安定剤……だんだん強くなっていったのかもしれないですけど、薬自体ですね。医学的にはわからないですけど、彼女の場合はいわゆるお酒とのマッチング、組み合わせがあまりよくなかったようです」

 だんだんと増えていったという薬の量。異国の地で松原さんを追い詰めたものは何だったのか。

「蓄えがなくなったらどうしよう」

「松原さんが最後に来られたのは半年ほど前でした」

 こう話すのは、彼女の自宅マンションからほど近い日本食料理店のスタッフだ。松原さんは頻繁にこの店を訪れ、日本食を楽しんでいたという。

「ふらっとお見えになって、日本産の煮魚や焼き魚を召し上がっていました。印象的なのは、楽しくお酒を召し上がり、よくおしゃべりされていたことです」

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン