芸能

黒柳徹子、宮沢りえ、桑田佳祐、松任谷由実…紅白歌合戦「もう一度観たい」名場面

2018年の第69回では桑田佳祐と松任谷由実が共演

2018年の第69回では桑田佳祐と松任谷由実が共演(写真/女性セブン)

 2022年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されると、「若者に媚びている」「中高年は切り捨て」といった批判が沸き上がった。視聴者は紅白に何を求めているのか──名場面を振り返ってみよう。

【第19回(1968年)江利チエミ】
「せいろ一枚~ お調子一本~」

 有楽町の東京宝塚劇場で行なわれたこの年、総合司会の宮田輝アナウンサーが神田の老舗蕎麦屋に移動して大晦日の賑わいをレポート。店内では北島三郎が蕎麦を運び、江利チエミが客の注文を調理場に伝えて、コントのような一幕が繰り広げられた。本番中に出演者が会場外に出たのは紅白史上珍しい出来事だった。

【第19回(1968年)坂本九】
「紅組女性軍、だいぶ苦労なさってるようですね。途中のアレはため息ですか? ダチョウのため息かなんかでしょうね、アレは。ちょっときつかったようですね」

 青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」歌唱後に白組司会、坂本九が発したコメント。楽曲に何度も入る「ア~ン、ア~ン」というお色気ムンムンのため息にNHKが難色。本番ではため息部分で、佐良直美らがアフリカの民族楽器・カズーをブーブー吹いてしのいだ。青江のため息は第33回(1982年)で解禁された。

【第23回(1972年)佐良直美】
「今年も色々なことがありましたが、明るい話題としてはパンダちゃんがやって来たこと、そして沖縄が沖縄県になったこと。そのことを何よりも喜んでる人が紅組の中にいます。南沙織さん『純潔』」

 この年は5月に沖縄が日本に返還され、9月に日中平和友好条約が締結された。沖縄出身、前年にデビューした南沙織は、眩しいミニワンピース姿で登場。バックでは女性3人と着ぐるみパンダ3体が軽快にダンスをして応援した。歌唱後に女性たちがパンダの頭を取ると、南とともに「新三人娘」と呼ばれた小柳ルミ子と天地真理、谷啓が顔を出すというサプライズ。ゆく年の重大ニュースを盛り込んだ楽しい演出だった。踊っていた3人の女性はスクールメイツに所属し、3年後にキャンディーズとして紅白初出場を果たす。

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン