最長政権を築いた安倍晋三首相の退任会見。2020年9月(撮影:小川裕夫)

最長政権を築いた安倍晋三首相の退任会見。2020年9月(撮影:小川裕夫)

 駆け足ではあるが、2022年に物故した政治家3人の横顔を紹介した。改めて3人の政治家を振り返ってみると、ともに政治で大きな挫折を経験した共通点がある。

 安倍元首相は、2006年に発足した第1次政権が短命に終わるなど辛酸を舐めた。それを糧にして2012年からの第2次以降で政権の安定運営に努めた。1975年の都知事選で美濃部亮吉都知事に敗北した石原候補は、1999年の都知事選で雪辱を果たした。そして、強い都知事像を確立していく。スキャンダルの影響で1995年の参院選で落選したアントニオ猪木議員は、2013年に再び政界へと戻った。そして、改めて存在感を発揮した。

 政治家がスキャンダルで信頼を失墜させることは珍しくない。近年は一度でもスキャンダルを起こすと、政治生命が絶たれるとも言われる。また、過去のスキャンダルをほじくり返されることも珍しくない。

 しかし、実際は政治家が挫折感で気力を喪失しているだけに過ぎない。政治家が気力を喪失してしまうのは、さまざまな理由があるだろう。ただ、根本的な理由として政治家としての気概や使命感が不足していることがあるとは感じる。何が何でも政治家になって、社会を変えたい。そんな強い気持ちがなければ、政治家は務まらない。

 職業として政治家を目指すと、「儲からないから」「割に合わないから」「批判ばかりされるから」といった理由で政治家を辞めてしまいがちだ。いったん政治家を経験すれば箔がつく。有権者から、転職するためのキャリアアップの一手段と受け止められても仕方ないだろう。

 職業として政治家を選択する人が増えたのも、時代の流れかもしれない。好意的に受け止めれば、職業としての政治家だったら業界との癒着や多選による弊害は起きない。そんなメリットも考えられる。

 だが、時代遅れと言われようとも、気概と使命感にあふれる政治家もいてほしいと考えることは決して贅沢な願望ではない。気概と使命感にあふれた政治家を待ち望みたい。

ディーゼル車規制や東京の森づくりといった環境政策にも熱心だった石原慎太郎元都知事(撮影:小川裕夫)

ディーゼル車規制や東京の森づくりといった環境政策にも熱心だった石原慎太郎元都知事(撮影:小川裕夫)

2013年の参院選に当選し、国政復帰したアントニオ猪木議員の登庁風景(撮影:小川裕夫)

2013年の参院選に当選し、国政復帰したアントニオ猪木議員の登庁風景(撮影:小川裕夫)

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン