芸能

【救世主になるか】中居正広、退所後も事務所スタッフと連携 ジャニーズの後輩たちに示す“生きる道”

中居正広

中居正広が後輩たちに“道”を示す

 リズミカルな足さばきに、軽やかなターン。スターのオーラを振りまく“ニッポンを変えるスゴイ男”として、中居正広(51才)がソフトバンクの新テレビCMに降臨した。ド派手な衣装とキレキレのダンス、劇団ひとり(46才)との共演は、放送初日の9月14日から話題沸騰。約4年ぶりとなるテレビCMへ“凱旋”を飾った。

 9月17日には、8月末にジャニーズ事務所を退所したばかりの元Kis-My-Ft2・北山宏光(38才)が、滝沢秀明が設立した会社「TOBE」への所属を生配信で報告。このとき北山が着ていた濃紺の特注スーツは、前日に中居からプレゼントされたものだったことを明かした。

「以前にも増して各所で存在感を示している中居さんですが、ジャニー喜多川氏による性加害問題については“スルー”で、これには批判の声も聞こえてきています。

 あれだけ力の入った新CMなのに、会見が行われなかったのも、この問題について質問されるのを避けたかったという事情があるのかもしれません」(広告代理店関係者)

 ジャニーズ事務所が会見で、創業者の故・ジャニー喜多川氏による性加害の事実を認めたのは、9月7日のことだった。その後、現在(9月19日)に至るまで中居はこの件に関して言及していない。

 中居といえば、過去にも“沈黙”が世間の注目を集めたことがある。2019年7月9日にジャニー氏が死去した際だ。

 亡くなったことが報じられると、当時事務所に所属していた多くのタレントが立て続けに追悼コメントを発表した。木村拓哉(50才)や、嵐、TOKIOらはもちろん、ベテラン格の近藤真彦(59才)からジャニーズJr.に至るまでが故人への思いをさまざまに口にしたが、中居がそこに加わることはなかった。

「ジャニーさんが緊急搬送されたとき、長い間病室でつきそっていたのが中居さんでしたから、『失意が大きく、言葉が見つからないのでは』と精神状態を心配する人もいました」(テレビ局関係者)

 その中居が公の場で初めてジャニー氏への思いを言葉にしたのは、訃報から数日後の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)でのことだった。

 中居の胸の内には、ジャニー氏への感謝の思いが詰め込まれていた。

「放送では、いまとなっては人気MCに成長した中居さんのトークスキルを最初に見抜いたのは、ジャニーさんであったこと、2人が交わした最後の言葉は病室で、『バイバイ、また来るね?』というものだったことも明かされました。中居さんにとって、SMAPの生みの親であるジャニーさんは、授けるものを授け、磨くべき才能は磨かせてくれた恩人だったのです」(芸能関係者)

 そうした思いはジャニー氏亡き後の中居の行動にも表れている。

 中居は2022年2月、個人事務所である「のんびりなかい」の設立記者会見に臨んだ。MCも本人が務める“二刀流”で会見を進め、ジャニーズ事務所を円満退所したことなどを丁寧に説明し、会見の終わりには、ジャニー氏の遺骨をポケットからひょいと取り出してみせた。

「滝沢秀明さんを通じて分けてもらったと説明し、独立しても感謝の気持ちは変わらないのだと、ジャニーさん愛を示したのです」(前出・テレビ局関係者)

 その後も、6月の「父の日」に合わせ、和歌山県北部の高野山にあるジャニー氏の墓を訪れるなど、深い愛を忘れずにいる中居。ジャニー氏を恩人であり、父としても慕ってきた中居だけに、彼の性加害問題については複雑な思いを抱いているのだろう。

「悲しい気持ちや、やりきれない怒りを誰より強く持っているはずです。“番組でキャスターを名乗っているのなら話すべき”という声があるのもわかりますが、中居さんにとってはそう簡単に言葉にできる話じゃないのです。

 それに彼の言動は、“後輩たちの今後”にも深くかかわってくるかもしれませんので、より慎重になるのも無理はありません」(前出・芸能関係者)

 ジャニー氏の死後、ジャニーズ事務所を退所したタレントは少なくない。そのOBの中で、現役のジャニーズのタレントと共演を重ねているのは中居だけだ。

「8月には、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、坂本昌行さん(52才)、長野博さん(50才)、井ノ原快彦さん(47才)ら20th Century(トニセン)と共演。お酒を交えつつリラックスした雰囲気で、トークを繰り広げ、話題を呼びました。このときは自らTOBEへの所属を発表して間もない三宅健さん(44才)を話題にしていましたが、これができるのは中居さんだから。独自の立ち位置を印象づけました」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン