女性セブン一覧/1694ページ

【女性セブン】に関するニュースを集めたページです。

池内ひろ美「“恋しちゃう女”は容姿が必ずしもよいワケではない」
池内ひろ美「“恋しちゃう女”は容姿が必ずしもよいワケではない」
 俳優・萩原健一(60)と主婦モデル冨田リカ(48)の熱愛が発覚するなど、「中高年の恋愛」が話題となっている。「東京家族ラボ」を主宰する評論家の池内ひろ美さんが、「恋しちゃう女」について語った。「“恋しちゃう女”は年の割に若いとか、容姿がよくてモテるとかでは必ずしもないんです。恋愛は顔やスタイルでするものではなく、エネルギーでするものですから。エネルギッシュな女性は増えていますし、男性もそういう女性にひきつけられやすい」 また、40代以降の恋愛についてはこういう。「最近の40代以上のかたを見ていて感じるのは、恋愛にはとにかく“楽しい時間”を求めている、ということ。お互いに、日常のややこしい家族問題などは忘れて楽しい時間を過ごしたいと思っているため、相手を傷つけないし、その分自分も傷つかない。主体的に恋愛を楽しんでいるのだと思います」※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 15:17
女性セブン
かわいすぎる海女 引退の裏にベテラン海女との意見の対立説
かわいすぎる海女 引退の裏にベテラン海女との意見の対立説
 NHKの番組で取り上げられるや、「かわいすぎる海女」としてネット上を中心に大人気となった岩手県久慈市の「小袖海女センター」で働く大向美咲さん(20)。同市内の小袖海岸で海女として活躍していたが、だが、7月28日で大向さん、そして別の新人海女のふたり(20才と19才)も同時に姿を消した。その裏には、ベテラン海女との対立があったと地元住民は語る。 その決定的な事件は7月27日に起こったという。「観光客から“海女さんたちの接客がなっていない。もう二度と来ない”とい、大向さんらがクレームを受けたんだよ。どうも、(海女がうにを獲る様子を見学するための)チケットを買わずに、公道の実演が見える位置から撮影をしていた人たちに、ベテラン海女が注意をしたようなんだべ。客にしてみれば、そごはチケットが必要なのか、そうでないのか特に注意書きもながったし、ましてや公道。それなのに“そんないい方しなくてもいい”とまあ怒る。あの子たちはベテラン海女に代わって必死になって謝罪したんですが、それがベテラン海女にしては面白くなかったんだって」(地元住民) 海女は潜ることが仕事で、それを一生懸命やればいいという考えのベテランには、大向さんたち新人はPRにばかり一生懸命で、観光客の顔色ばかりうかがっているように見えていたようだ。それゆえ、以前から接客を巡っては、両者は対立関係にあったという。「大向さんたちは地元のため、お客さんに“また来たい”と思っでもらえるように試行錯誤してきたんだよ。ベテラン海女たちにもこれまでのやり方にとらわれずにやっていこうと、何度か提案もしてきたんだっで。でもベテラン海女には“生意気”に映ったんだべ? 結局この日(7月27日)で、3人は“引退”ということになったんだよ」(前出・地元住民)現在大向さんはあくまで“休業中”だという。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 15:02
女性セブン
引退した「かわいすぎる海女」 月給7万円だったと地元民
引退した「かわいすぎる海女」 月給7万円だったと地元民
 NHKの番組で取り上げられるや、“かわいすぎる海女”としてネット上を中心に大人気となった岩手県久慈市の「小袖海女センター」で働く大向美咲さん(20)。同市内の小袖海岸で海女として活躍していたが、だが、7月28日で大向さん、そして別の新人海女のふたり(20才と19才)も同時に姿を消した。その裏には、カネの問題があったと地元関係者は語る。 同市産業振興部商工課担当者に話を聞くと「新人のかたたちに“戻っていただきたい”と話し合いを進めているところです。微妙な時期ですので、コメントは控えさせていただきます」というのみ。また、小袖海女センターを運営する「小袖北限海女の会」を訪ねると、会長の村塚繁好氏が神妙な顔つきで答えた。「あちらを立でればこちらが立たずっていう感じで。もちろん戻ってくれだらうれしいわけだけど…」 さらに関係各所に話を聞こうとするも、みな一様に表情を曇らせ、固く口を閉ざすばかりで、まるで“かわいすぎる海女”に関して、市内中にかん口令が敷かれているかのよう。そんななか、ようやく一人の漁港関係者が、周囲の視線を気にしながら、声をひそめて話し始めた。「あんだ、そんだらこと聞いだって、誰も話さないべ。ここはほとんどが漁業やってるし、親戚だったり、知らねぇ顔がいねぇ」 彼女たちが辞めた理由について聞くと、その人物はさらに小さな声で囁いた。「やっぱり金のことだべ?」 大向さんは地元の高校を卒業後、いったん就職するも、先輩海女に誘われ昨年8月にアルバイトとして同センターに所属した。“25年ぶりの新人”として海女デビューするや注目の的になり、久慈市は彼女を“観光大使”に任命もした。 海女の会関係者が証言する。「東京がら大学生の男の子たちとかさ、カメラぶらさげた男の人とか、いつもの倍以上の観光客が来てたべ。それもあの娘たちがいなぐなってから、客も少なぐなってよ…」 海女の主な仕事は、約30年ほど前から観光事業として始まったうに漁の実演。7月1日から9月30日まで、土日祝日、1日1回午前10時半から行われる。観光客は1人500円のチケットを購入し、岸辺から海女たちが潜るのを見学。30分ほどでカゴいっぱいのうにを採ってくると観光客の前で殻むきを披露。実演の見学と、採れたてのうにが1人2分の1-1個食べられる。土日祝日以外は完全予約制で、海女1人に対して1回5000円で見学と試食が可能だ。「上がさ、どんだけもらってるかわがんねけど、海女の1日の報酬は6000円。それで1回潜るとお客さんからは5000円だげど、いろいろ(諸経費が)引かれて、海女さんたちの手には4500円だって。見る人もさ、潜る子にわけぇ子がはいってくれたらうれしいべ(笑い)。それがさあ…なかなか大変だよ。(大向さんは)1日10回潜ったこともあったみたいだけど、金は変わらねがった。人気だったからほとんど休みなぐ平日も働いで、1か月27日働いで7万円だってよ。それはやっぱり納得がいがないよなぁ」(前出・漁港関係者)と、「電撃引退」の陰には、「安過ぎる報酬」があったのでは?と指摘する向きもあるのだ。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 14:57
女性セブン
あごをたるませぬためには、寝る時に横を向いてはいけない
あごをたるませぬためには、寝る時に横を向いてはいけない
 若いころは気にならなかったあごのライン。最近体重は変わらないのに、なんだかたるんだ? そこで、ウオーキングトレーナーの長坂靖子さんにあごを引き締める方法を聞いた。「女性は家事などで前のめりになる動作が多く、猫背になって顔が前に出やすい。するとあごに肉がつきやすくなるんです」と長坂さん 成人女性の頭の重量は5-6キログラムあり、前傾姿勢になると頭の重さや重量がすべて顔にかかってくるため、あごに肉がついたり、たるんだりしやすいという。「顔のラインは日常の動きがつくります。そこで、頭の重さや重力に影響されないために姿勢を見直してください」 さらに、日ごろの小さな積み重ねがあごをシャープに保ってくれるとも。「話し方はすごく大切です。ボソボソと口先だけで話さず、大きな口で話す心がけを。特に母音がイやエの場合、横に大きく惹きましょう。ストレッチにもなり、表情も豊かになるので一石二鳥です。そして寝る時は最初から横向きになるのは×。フェイスラインに左右差が出てしまいます。寝入りばなは高さの合った枕で、上を向くよう心がけてください」 ちなみに長坂さんが認める「あご美人」は女優・小泉今日子(44)だという。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 14:51
女性セブン
40代以降の女性が恋をするのに必要なのは「色気」と男性
40代以降の女性が恋をするのに必要なのは「色気」と男性
「恋愛に年齢は関係ない!」とよくいわれるものだが、重要なものは一体何か? 小誌が30-60代の男女500人に対して行った恋愛に関するアンケートの結果、女性は「色気」が重要だと男性諸氏からの意見が頻出した。「40代以降、女性が恋をするのに必要なのは何だと思いますか?」という質問に対しての回答だが、女性で「色気」が重要だと考える人は30代で54.0%、40代65.0%、50代35.0%、60代28.0%となった。 一方、男性で「色気」が重要だと考える割合は軒並み女性よりも高い。 40代男性では54.5%、50代は48.5%、60代でも52.9%となり、男性は「女性は年齢に関係なく色気は重要」と考えているようだ。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 14:34
女性セブン
いま恋をしているという50代女性は23.5% 60代は9.8%
いま恋をしているという50代女性は23.5% 60代は9.8%
 俳優・萩原健一(60)と主婦モデル冨田リカ(48)の熱愛が発覚するなど、「中高年の恋愛」が話題となっている。そこで小誌は30-60代の男女500人に、恋愛に関するアンケートを行った。「いま恋をしてますか?」という質問に対し、「している」と答えた30代女性は42.4%、40代女性は20.5%、50代女性は23.5%、60代女性は9.8%となった。 実際に彼女たちはどんな恋をしているのだろうか。 8年前に夫と離婚し、結婚して独立したふたりの子供がいる池野幸枝さん(55才・仮名)の現在の恋のお相手は、自治体のパソコン教室で池野さんに丁寧に操作方法を教えてくれた10才年上の男性。「私の覚えがすごく悪くて、何度も教えてくれたのがその人でした。1か月の講習が終わるとき、パソコンの買い方の相談をしたら、一緒に買いに行ってくれることになったんです。その後夕食を食べた後、送ってもらって久しぶりに女性として扱われたことに少しうれしさも感じました」(池野さん) パソコンを買った後、池野さんの自宅での設定も手伝ってくれた。「そのとき、彼もバツイチだということ、元奥さんが借金をつくって出て行ってしまったことを明かされて、一気に距離が縮まったような気がしました。私も夫の借金が離婚の原因だったのでお互いの気持ちがよくわかったんです」 そして男性から「いい形でおつきあいしたい」と話があり、池野さんはうなずいた。いまはひとり暮らし同士のお互いの家に泊まっていくこともあるが、再婚までは考えていないという。最近周囲から“きれいになった”“穏やかになった”といわれるのがうれしいという。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 14:27
女性セブン
テレビ見ながら、寝ながらの「ながら美容」お勧めアイテム
テレビ見ながら、寝ながらの「ながら美容」お勧めアイテム
「最近、目尻のしわが気になる」「毛穴の黒ずみをどうにかしたい」…40代になると肌の悩みはつきないもの。家事に子育てに忙しくて、なかなか時間はとれないという人はこんな方法を試してみては。テレビを見ながら、お風呂にはいりながら、寝ながらできる――美の達人たちが実践している“ながら美容”で、夏のダメージ肌をセルフケアしましょう! 放送作家の山田美保子さんがお勧めするのは、『イオンスチーマー ナノケアEH-SA91』(パナソニック・3万3000円/編集部調べ)。選べる3つの温冷美容プログラム付きでデコルテまで、はりを実感。 山田さんは「これをつけて寝ると肌も髪もしっとりするんです。翌朝、洗顔するときに指が肌にすいつくのは感動的。毛穴がしわのように広がるのを止めてくれたのは“毛穴エステ”。どっかり座ってドラマを見たりしながらできるのも気楽。“やらなきゃ”というプレッシャーを感じずに無理なくできるところが続く秘訣かも」 美容プロデューサーの寺山いく子さんがお勧めするのはこっている部分に球をあてて園を描くようにツボ押しマッサージをする『ジャックノバーII』(2100円 オリジンズ)。「歯を磨いている間などに顔をコロコロします」と語る。 このように「ながら」の美容アイテムが忙しい人にもオススメ。ちなみにヤマダ電機LABI新宿東口店での売れ行きを見てみると(8月下旬)、美容機器のランキング1位は山田さんオススメのパナソニック「イオンスチーマー ナノケアEH-SA91」だという。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 14:22
女性セブン
池上彰 フリップで菅氏とオバマ氏の並び方に気をつける
池上彰 フリップで菅氏とオバマ氏の並び方に気をつける
 いま、最も視聴率を稼げる男・池上彰さん(60)。「ニュースを分かりやすく解説してくれる!」と評判だが、事実をわかりやすく正確に伝えるため、池上さんはひとつひとつの言葉やイラストにまで、徹底的にこだわっている。『そうだったのか! 池上彰の学べるニュース』(テレビ朝日系)プロデューサーの丹羽敦子さんはこういう。「アメリカのオバマ大統領と日本の菅直人首相を並べるときは、菅さんが左側でオバマさんが右。日本を中心とした地図の場合、アメリカは日本の右側に位置するので、そのほうが視聴者にわかりやすいということなんです」 そして、主婦にとってもニュースは身近なもので、興味深いものであるべきだと池上さんはいう。「世の中がいまものすごい勢いで動いています。政権交代して“子ども手当はどうなるんだろう”とか“高速道路無料化はどうなるんだろう”とか、日本で暮らしていれば、誰もが考えざるを得ないことっていっぱいあると思うんです。そういうときに、“じゃあそれってどういうことか知りたい”と思うかたは大勢いると思うんです」 わかりやすいニュースを見ることで、母親がニュースを子供にどう伝えればよいのか勉強にもなる。家族でニュースを見るときには、親がこんな言葉を子供にかけてあげるといいと池上さんはいう。「例えば、事件のニュースを子供と一緒に見たら、“悲しいね”とひとこといってあげることが大切だと思います。そして、“悲しいニュースとか嫌なニュースばかりだけど、実はニュースというのは珍しいからニュースになるのよ”といってあげると、子供の理解の仕方は随分違ってると思います」※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 13:17
女性セブン
池上彰 記者時代に他局の記者から「怖い」といわれていた
池上彰 記者時代に他局の記者から「怖い」といわれていた
 いま、最も視聴率を稼げる男・池上彰さん(60)。温和な語り口調と優しく諭す話法からすると実におっとりとした人物のように見えるかもしれないが、NHK出身の池上さんは過去に「怖い」と他局の記者からいわれたことがあるのだという。 池上さんも記者出身だけに、「警察回り」の仕事は切っても切れないものだが、この仕事は、寝る時間もないほど厳しいもの。日々時間に追われ、スクープを求められ、怒号が飛び交う。いまの池上さんを見て『そうだったのか! 池上彰の学べるニュース』(テレビ朝日系)プロデューサーの丹羽敦子さんはこういう。「事件の現場で揉まれた人があれだけのソフトな雰囲気をもてるというのはちょっと考えられないですよね」 実際、16年間の記者時代、池上さんもかなりの“鬼記者”だったという。ひき逃げ事件の現場、深夜の山の中で「そこをどけ!」という警察官に「邪魔をするな」と怒鳴り返して、現場の写真を撮る池上さんの姿もあった。 他社が知らないネタをどれだけ掴むことができるか。記者の能力はそこで測られると思い込み、1日24時間、仕事から離れることのない生活を送っていた。池上さんが当時を語る。「怒鳴ったりはしないけど、かなり厳しかったようなんですよ。私の部下にものすごいタフなやつがいたのですが、その彼が十二指腸潰瘍になりましたから。ずいぶん恨まれましたね(笑い)現場の記者時代は、ニュースが分からない人を見ると、正直なところ“そんなことも知らないのか”っていう気持ちはありました。記者になって12年目、文部省の記者クラブに所属しているころ、ある民放の若い記者からは“質問しづらい”“怖い”といわれてね。これはすごいショックでした」 だが、いまはリハーサルでも「いい質問ですねぇー」を連発するなど、「ソフト」な池上さんであるようだ。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 13:08
女性セブン
池上彰 少年時代に本を読み過ぎ、母親から叱られていた
池上彰 少年時代に本を読み過ぎ、母親から叱られていた
 いま、最も視聴率を稼げる男・池上彰さん(60)。だが、子供時代はどんな少年だったのか? 生まれは長野県・松本で、4才から東京・練馬で育った。 池上さんによると「小さいころは本ばかり読んでいたんですよ。他にやることがなかったんですね。銀行員だった父が好きで、家には本がたくさんあった」とのことで、この頃から博学な少年だったことがうかがえる。  だが、この本好きは時に問題を起こすことも。「父の本棚から、夏目漱石の『坊っちゃん』とかね、抜き出しては次々と読みました。あんまりぼくが本に没頭するものだから、母からは“本ばかり読むな”と叱られていましたね」 “ゲームばかりするな”はよくある叱り方ではあるが、「本ばかり読むな」とはこれまた池上さんらしいエピソードではないか。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 13:05
女性セブン
金運の悪い人の特徴 「チョー」「うざい」など若者言葉使う
金運の悪い人の特徴 「チョー」「うざい」など若者言葉使う
「しゃべり方を聞いているだけで、その人が運のいい人か悪い人かがわかります」と語るのは、中華街の一画に店を構える華陽園のNo.1占い師・溟白龍氏だ。 占い師になる前は銀座の高級クラブのママを務めたり、西麻布でバーを経営した経験もある。水商売も占い師も、人を見るプロ。そして、占い師となった現在は、運気の吉凶だけでなく、人生相談まで踏み込んだ鑑定スタイルをとっている。「お金をきっちり管理できる人は、自分が発する言葉も管理できています。金運が悪い人の特徴は、まず、むやみに流行り言葉を使うこと。“やっぱ”とか“チョー”“うざい”など、若者言葉を連発する人は、運気が低迷していると見てまず間違いないでしょう」 そして、運が悪い人は、語尾がはっきりしていないことが多い。また、話す内容も愚痴っぽく、堂々巡りになっているという。「運をつかむ人は、占い師からのアドバイスを、ちゃんと受け止めて、さらに発展していきます。反対に、何を申し上げても、“でも、だって…”と堂々巡りになる人は、低迷からなかなか抜け出せません」 つまり、金運に恵まれる人は、年相応のきちんとした言葉遣いで、はきはきとしゃべる。意識して話し方を変えるだけで、運気は好転するというわけだ。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 12:56
女性セブン
野田議員の前夫「おれは子づくりの道具じゃない」と思っていた
野田議員の前夫「おれは子づくりの道具じゃない」と思っていた
 野田聖子衆議院議員(49)が「卵子提供による出産」を決めたことは、不妊に悩む夫婦を中心に大きな波紋を広げている。他人の卵子による妊娠、出産――それは、新たな選択肢の提示でもあると同時に賛否両論あるもの。前回は賛成派の意見を紹介したが、今回は疑問を持つ人物による意見を紹介しよう。 その人物とは、野田議員の前夫・鶴保庸介議員(43)だ。野田議員の“告白”を知って、こう思ったという。「実は、私と結婚しているときも、彼女は(別の女性の)卵子提供による妊娠を提案していたんです。ですから、今回の妊娠には、率直に“本当にやったんだね”と思いました」 鶴保議員も野田議員とともに不妊治療に取り組んでいたが、卵子提供には反対だったという。「私としては、自分と彼女の子供が欲しかったんです。彼女の卵子を使った代理母の選択肢もあったかもしれません。しかし当時は、代理母をめぐる法的な問題が議論されているさなかで、慎重にならざるを得ませんでした」(鶴保議員) 彼によれば、不妊治療に対するふたりの考え方の違いも、パートナー解消に至る原因のひとつだったという。「彼女には“自分が子供を産みたい”というのがまず先にあって、“あなたのDNAを残したい”はその後でした。夫婦である以上、“あなたと私の子供をつくりたい”といってほしかった。正直、“おれは子づくりの道具じゃない”といってしまったことさえあります」(鶴保議員) そして、野田議員とともに体外受精に取り組んでいたころを振り返り、「別室へいってアダルトビデオを見て射精。それを試験管に入れて終わり。言葉は悪いですが、不妊治療をしている男性は自分のことを“精子製造機”のように思ってしまう瞬間があると思います」と話した。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 12:52
女性セブン
野田聖子議員の「卵子提供」は新しい選択肢を与えたと専門家
野田聖子議員の「卵子提供」は新しい選択肢を与えたと専門家
 野田聖子衆議院議員(49)が「卵子提供による出産」を決めたことは、不妊に悩む夫婦を中心に大きな波紋を広げている。他人の卵子による妊娠、出産――それは、新たな選択肢の提示でもあると同時に賛否両論あるもの。まずは野田議員の決断を評価する評論家の小沢遼子さんらの意見を聞いてみよう。「野田さんの決断に励まされた女性はたくさんいると思います。女性の意識が変わっても、日本では不妊に悩む女性を取り巻く環境がまだまだ遅れている。野田さんは、そういった壁を全部取り払って、妊娠までたどり着いたのだから、立派。子供が欲しいという希望が叶わずに苦しんでいる女性たちが、もっと産みやすく、育てやすくなるためのサポートが必要で、そのことを野田さんは、今回の妊娠で世間に知らしめたと思います」(小沢さん) また、卵子提供・代理母出産情報センター代表の鷲見侑紀さんは、野田議員が卵子提供に踏み切ったことが、不妊治療を続ける女性に“気づき”を与えたという。「不妊治療は努力が必ず報われるものではありません。反対に、やればやるほど、時間の経過とともに卵子が劣化、老化して成功率が減っていく。その点で、野田さんの決断はとても勇気のあるものでした。“自分の卵子では無理だ”とはっきりと悟り、区切りをつけた。50代になっても体外受精にチャレンジし続けている女性はたくさんいますが、そうしたかたがたに、卵子提供という新しい選択肢を示したのです」※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 12:45
女性セブン
泉ピン子 えなりかずきの人気を一時期ひがんでいた
泉ピン子 えなりかずきの人気を一時期ひがんでいた
 ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)が10月14日から開始する第10シリーズをもって終了するが、脚本家の橋田壽賀子さん(85)は、『渡鬼』発の人気者で子役「眞(しん)」を演じたえなりかずき(25)に対し、出演者の泉ピン子(62)にひがみがあったと笑う。 シリーズ開始当初5才だったえなりは、いまっぽくない雰囲気がお茶の間に受けて大ブレイク。橋田さんは語る。「あの子は、バラエティー番組に、当時4才で出ていたのを、石井(ふく子)さんが決めたのね。その番組の中で、積木をしていたんだけれど、4才の坊やの遊びじゃなかったっていうの。それで“この子には何かある”って、石井さんが起用したら、みごとに当たった。けれど、えなりくんを見ながらドラマを書いて…。気がついたら、もう、彼が20ン才のオジさん。時間が経つのは早いわ…」 そして橋田さんは、えなりとピン子の、こんなエピソードを明かしてくれた。「ピン子なんか、“あの子はね、小便の面倒までみてやったのに。うーん、人気をさらわれちゃった。みんな、えなり、えなりって。『渡鬼』はえなりがいればいいんでしょう”って一事はすっごいひがんでましたよ(笑い)」※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 12:32
女性セブン
故・山岡久乃との「確執報道」の真相を橋田壽賀子が説明する
故・山岡久乃との「確執報道」の真相を橋田壽賀子が説明する
 過去に『渡る世間は鬼ばかり』脚本家の橋田壽賀子さん(85)と、女優の故・山岡久乃さん(享年72)の不仲説が囁かれることがあった。その時は、山岡さんが総胆管結石の手術直後で療養が必要な時期だった。だが、当時山岡さんの病状を詳しく知らされていなかった橋田さんは、マスコミの取材に「病気であることを知ってお見舞いに行こうとしたら事務所から断られた」「山岡さんは私のことがよっぽど嫌いなのだろう」などと語った。98年10月スタートの第4シリーズで山岡さん演じる節子が海外旅行先で急死する、という設定があったのだが、一部では“橋田さんの意見で節子を殺した”と報じられるなど、ふたりの確執が取り沙汰された。確執はあったのか? 橋田さんに聞いてみた。 「確執なんていろいろ書かれたけど、誤解もいいところです。山岡さんとは何十年も一緒に仕事をやってきました。でも、あくまで作家と女優の関係ですから、個人的なおつきあいはほとんどなかったんです。お互いの意見や思いは、プロデューサーの石井(ふく子)さんが取り次いでくれていました。が、正しい情報が私につたわってこなかったってことはいえると思います」 そして、橋田さんは「節子死亡」の真相について語る。「山岡さんはドラマにはなくてはならない存在ですから、(降板の申し入れに)私も石井さんもあわてました。びっくりしました。それでふたりで説得したのですが、山岡さんの意志は強く、なんともできませんでした。私は幾度も手紙を出して説得したんですが、(返事は)なしのつぶてなので、どうしたらいいのかと悩みました…」 だが山岡さんには、どうしても出演できない理由があった。それは彼女が冒されていた病が“がん”だったからだ。すでにはじまっていたドラマ上で節子が死んだ直後の98年12月、山岡さんは胆管がんであることを公表。闘病生活にはいったのだった。※女性セブン2010年9月16日号
2010.09.28 12:29
女性セブン

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン