杉咲花一覧/3ページ

【杉咲花】に関するニュースを集めたページです。

幅広い役柄こなす成田凌 主役を引き立てる“魅せる力”が突出
幅広い役柄こなす成田凌 主役を引き立てる“魅せる力”が突出
 現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』。ヒロインの杉咲花(23才)が作品の顔として物語をけん引し、コロナ禍の朝を活気づけている。それに大きく貢献しているのが、杉咲の相手役を務める成田凌(27才)だ…
2021.04.04 07:00
NEWSポストセブン
杉咲花
『おちょやん』の弟はなぜ放火しようとしたのか ヤクザと芸能秘史
 松竹新喜劇の看板女優・浪花千栄子の生涯を描いたNHK連続テレビ小説『おちょやん』を観ていると、なぜか重要な場面でよく「ヤクザ」が出てくる。昭和初期という時代、関西の芸能においてヤクザの存在は不可欠であ…
2021.03.20 16:00
週刊ポスト
浪花千栄子の生涯を知るテレビ関係者は、今後の展開にハラハラしているという(写真/共同通信社)
『おちょやん』 一本調子だった杉咲花を「弟」が変えた
 視聴率の推移をみるに必ずしも順調とは言い難かった朝ドラだが、ここにきて物語が大きく動き始めた。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * 主演女優がわざわざ…
2021.02.27 16:00
NEWSポストセブン
浪花千栄子の生涯を知るテレビ関係者は、今後の展開にハラハラしているという(写真/共同通信社)
『おちょやん』ヒロイン杉咲花は「寝取られ不倫」をどう演じるのか
 放送開始から3か月、間もなく折り返しを迎えるNHK朝ドラ『おちょやん』。「大阪のお母さん」と呼ばれた昭和の大女優、浪花千栄子の生涯をモデルにした同作で、杉咲花が演じるヒロイン・千代が参加する劇団「鶴亀…
2021.02.24 16:00
週刊ポスト
杉咲花
杉咲花『おちょやん』16%台突入の危機 盛り上がらないのはなぜか
 朝ドラは放送期間も頻度も比類なき特別な枠だけに、評価はシビアになりがちなのかもしれない。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * NHK朝ドラ『おちょやん』の…
2021.02.13 16:00
NEWSポストセブン
杉咲花の演技に注目が集まっている(時事通信フォト)
杉咲花 19歳時の“体当たり演技”で見えた女優としての覚悟と風格
〈この娘、上手すぎ〉〈ここ数年のヒロインで一番実力ある〉──放送中のNHK朝ドラ『おちょやん』でヒロインを務める杉咲花(23)の演技がSNSで話題だ。 昭和の大女優・浪花千栄子の生涯をモデルにした同作で、杉咲…
2021.01.30 07:00
週刊ポスト
綾瀬はるかが入院できたことが注目された
2021年ドラマ界 綾瀬はるか、杉咲花ら、年女の主役級が活躍
 2021年は丑年。丑年のタレントたちの活躍も期待される。そこで、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、丑年生まれの女優たちについて、今年の展開を分析・予想する。 * * *U21世代として大注目された…
2021.01.20 16:00
女性セブン
(写真/公式HPより)
杉咲花、コロナ禍の朝を活気づける演技力 ベテランとも対等に渡り合う
 現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』。平均視聴率は18%前後と歴代の朝ドラと比較するとそれほど振るっていないようだが、視聴者の評価は上々。特に、ヒロイン・竹井千代を演じる杉咲花(23才)に魅了さ…
2021.01.19 16:00
NEWSポストセブン
杉咲花
朝ドラ『おちょやん』 「巧い」と評判の杉咲花の課題は
 例年より2か月遅れでスタートしている朝ドラ新作。視聴率からみると、スタートダッシュに成功したとはいえないようだが(初回は18.8%)、ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘した…
2020.12.19 16:00
NEWSポストセブン
杉咲花
『おちょやん』杉咲花 「身体に染み込ませる」役作りの努力
 NHK連続テレビ小説『おちょやん』が、11月30日より放送スタートした。ヒロイン・竹井千代役を演じるのは杉咲花(23)。ヒロインのモデルとなった浪花千栄子は、奉公などで苦労を重ねた末に、40歳で女優として遅咲…
2020.12.06 07:00
NEWSポストセブン
杉咲花、吉岡里帆も 朝ドラ選考で落ちた経験語る女優が増加
杉咲花、吉岡里帆も 朝ドラ選考で落ちた経験語る女優が増加
『エール』に続いて放送が始まった杉咲花(23才)主演の連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。朝ドラでは毎回、ヒロイン役に注目が集まるが、杉咲も含めてヒロインオーディションに落選したことがある経験を明かす…
2020.12.01 16:00
NEWSポストセブン
aa
朝ドラ『おちょやん』ドラマ界の最強タッグが手掛けるセット
 NHKの連続テレビ小説103作目となる『おちょやん』が11月30日にスタートする。その概要や見どころ、ちょっとした豆知識などを紹介する。 タイトルの「おちょやん」は、大阪ことばで“茶屋や料亭などで働く小さい女…
2020.11.25 07:00
女性セブン
『青くて痛くて脆い』舞台挨拶 ダークな吉沢亮と笑う杉咲花
『青くて痛くて脆い』舞台挨拶 ダークな吉沢亮と笑う杉咲花
 映画『青くて痛くて脆い』の初日舞台挨拶が行われ、出演者の吉沢亮、杉咲花、岡山天音、松本穂香、森七菜、狩山俊輔監督が出席した。 住野よる氏の同名小説を原作とした同作。人付き合いが苦手な大学生・田端楓…
2020.09.08 16:00
NEWSポストセブン
浅野忠信
浅野忠信、コロナを恐れすぎて主演映画の企画ストップ
《今まで参加した作品の二次使用料とか俳優ももらえるといいのになあ こういう時に困ってる同業者の少しでも支えになると思うんだけどなあ》 5月14日、自身のインスタグラムにそう投稿した浅野忠信(46才)。新型コ…
2020.06.25 07:00
女性セブン
エール、まんぷく…朝ドラに「三姉妹」登場の効果と狙いは?
エール、まんぷく…朝ドラに「三姉妹」登場の効果と狙いは?
 東京五輪の『オリンピック・マーチ』など、多くの名曲を作曲した古関裕而氏をモデルにしたNHK連続テレビ小説『エール』。窪田正孝は主人公を演じ、ヒロインが二階堂ふみだ。二階堂の役、姉と妹がいる三姉妹なのだ…
2020.04.21 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン