• TOP
  • 話題の本 BOOK WONDERLAND

話題の本 BOOK WONDERLAND一覧

【平山秀吉氏書評】「青春のバイブル」著者の生涯

【平山秀吉氏書評】「青春のバイブル」著者の生涯

【書評】『教養派知識人の運命 阿部次郎とその時代』/竹内洋・著/筑摩選書/2000円+税【評者】平山周吉(雑文家) 漱石の小説に出てく…

2018.11.25 16:00  週刊ポスト

【著者に訊け】東海林さだお氏 『ひとりメシの極意』

【著者に訊け】東海林さだお氏 『ひとりメシの極意』

【著者に訊け】東海林さだお氏/『ひとりメシの極意』/朝日新書/910円+税 笑いにも「人を笑う笑い」と「己を笑う笑い」の2種類あるが、…

2018.11.23 07:00  週刊ポスト

【関川夏央氏書評】70代後半の片岡義男に時代が近づいた

【関川夏央氏書評】70代後半の片岡義男に時代が近づいた

【書評】『くわえ煙草とカレーライス』/片岡義男・著/河出書房新社/1800円+税【書評】関川夏央(作家) 短編集『くわえ煙草とカレーラ…

2018.11.19 07:00  週刊ポスト

【坪内祐三氏書評】筒井康隆インタビュー集の楽しみ

【坪内祐三氏書評】筒井康隆インタビュー集の楽しみ

【書評】『筒井康隆、自作を語る』/筒井康隆・著/日下三蔵・編/早川書房/1300円+税【評者】坪内祐三(評論家) SFに殆ど興味ない私で…

2018.11.17 16:00  週刊ポスト

身体を売らざるを得ない女性の事情と業界が抱える問題点

身体を売らざるを得ない女性の事情と業界が抱える問題点

【著者に訊け】坂爪真吾氏/『「身体を売る彼女たち」の事情 ──自立と依存の性風俗』/ちくま新書/880円+税 性風俗で働く女性たちは、何…

2018.11.16 11:00  週刊ポスト

【川本三郎氏書評】英女性探検家が明治に見た地を鉄道で辿る

【川本三郎氏書評】英女性探検家が明治に見た地を鉄道で…

【書評】『イザベラ・バードを鉄道でゆく 新にっぽん奧地紀行』/芦原伸・著/天夢人/1600円+税【評者】川本三郎(評論家) 明治初頭に…

2018.11.12 16:00  週刊ポスト

【著者に訊け】菊地浩平氏 早大の大人気講座を書籍化

【著者に訊け】菊地浩平氏 早大の大人気講座を書籍化

【著者に訊け】菊地浩平氏/『人形メディア学講義』/河出書房新社/2500円+税 人形メディア学、または〈人形と人間のあいだ〉を考えると…

2018.11.09 16:00  週刊ポスト

【香山リカ氏書評】患者はなぜ「最善の選択」ができないのか

【香山リカ氏書評】患者はなぜ「最善の選択」ができない…

【書評】『医療現場の行動経済学 すれ違う医者と患者』/大竹文雄 平井啓・編著/東洋経済新報社/2400円+税【評者】香山リカ(精神科医…

2018.11.07 16:00  週刊ポスト

【与那原恵氏書評】日本各地の離島の祭りを捉えた写真集

【与那原恵氏書評】日本各地の離島の祭りを捉えた写真集

【書評】『ニッポン 離島の祭り』/箭内博行 写真・文/グラフィック社/2200円+税【評者】与那原恵(ノンフィクションライター) 北海道…

2018.11.04 07:00  週刊ポスト

【池内紀氏書評】聖なる謙虚さを身につけた森林管理官の視線

【池内紀氏書評】聖なる謙虚さを身につけた森林管理官の…

【書評】『動物たちの内なる生活 森林管理官が聴いた野生の声』/ペーター・ヴォールレーベン・著/本田雅也・訳/早川書房/1600円+税【…

2018.11.02 16:00  週刊ポスト

【著者に訊け】月村了衛氏の公安警察小説『東京輪舞』

【著者に訊け】月村了衛氏の公安警察小説『東京輪舞』

【著者に訊け】月村了衛氏/『東京輪舞』/小学館/1800円+税「公安から見た昭和史」。たったそれだけともいえる着想を圧巻の物語に紡ぐ稀…

2018.11.01 16:00  週刊ポスト

【山内昌之氏書評】江戸、明治、戦後に続く「日本4.0」時代に

【山内昌之氏書評】江戸、明治、戦後に続く「日本4.0」時…

【書評】『日本4.0 国家戦略の新しいリアル』/エドワード・ルトワック著、奥山真司訳/文春新書/800円+税【評者】山内昌之(武蔵野大学…

2018.10.27 16:00  週刊ポスト

【大塚英志氏書評】大江健三郎の問題作 初収録でも黙殺される

【大塚英志氏書評】大江健三郎の問題作 初収録でも黙殺…

【書評】『大江健三郎全小説3』/大江健三郎著/講談社/5000円+税【評者】大塚英志(まんが原作者)『政治少年死す』が収録されたにも拘わ…

2018.10.24 16:00  週刊ポスト

【岩瀬達哉氏書評】なぜ無実の人が虚偽の自白をするのか

【岩瀬達哉氏書評】なぜ無実の人が虚偽の自白をするのか

【書評】『虚偽自白を読み解く』浜田寿美男・著/岩波新書/880円+税【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家)「四〇年にわたって虚偽自白…

2018.10.20 16:00  週刊ポスト

【嵐山光三郎氏書評】画家・野見山暁治の波瀾万丈一代記

【嵐山光三郎氏書評】画家・野見山暁治の波瀾万丈一代記

【書評】『野見山暁治 人はどこまでいけるか』編・構成 のこす言葉編集部/平凡社/1200円+税【評者】嵐山光三郎(作家)〈毎日絵を描く。…

2018.10.15 16:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス