ライフ一覧/6ページ

実用ニュースや生活情報などを集めたページです。話題のお店の紹介から健康情報、書評まで、日々の生活に彩りを添えるニュースが満載です。ちょっとためになる豆知識も。

大バズり覆面作家・麻布競馬場
大バズり覆面作家・麻布競馬場インタビュー「それでもやっぱり新しい世代の価値観が絶対的に正しい」
 2021年10月、突如としてTwitter(現X)に現れ、毎週のように“バズ”を巻き起こし続けてきた覆面小説家の麻布競馬場。格差や嫉妬心に疲弊しながらも東京に生きることをアイデンティティーにする人々を描き出す “タ…
2024.04.18 16:00
NEWSポストセブン
【新刊】“お茶の先生に弟子入り”を有言実行した群ようこ氏のエッセイ『老いてお茶を習う』など4冊
【新刊】“お茶の先生に弟子入り”を有言実行した群ようこ氏のエッセイ『老いてお茶を習う』など4冊
 春爛漫。うららかな日差しに誘われて、ふとどこかに出かけたくなる季節。外に出て読書を楽しむのもいいのでは? この季節におすすめの新刊を紹介する。『老いてお茶を習う』/群ようこ/KADOKAWA/1870円 20年…
2024.04.17 16:00
女性セブン
はしかの危険性とは(イラスト/いかわやすとし)
欧州や中央アジアで大流行、日本でも感染拡大の「はしか」 治療薬はなくワクチンも不足 感染したら生涯免疫を獲得、まれに2回かかる人も
【週刊ポスト連載・医心伝身】欧州や中央アジアで、麻疹(はしか)が大流行、WHOの報告では2023年の45倍の感染が確認された。3月までの日本人感染者11人のうち、8人が国際線の機内で感染し、国内でも拡大中だ。はし…
2024.04.17 11:00
週刊ポスト
(写真/PIXTA)
失敗しない“病院”“主治医”の選び方 「新薬を出したがる」「院長の写真がHPにない」は注意、チェックすべきは「2番目に掲げている診療科」
「お医者さま」といえど、同じ人間で、“神様”ではない。あまりに過信していると、病気を治しに行っているのに命の危険にさらされることだってある。ハズレを引かないためには、どうすればいいのか──それは、失敗し…
2024.04.16 15:59
女性セブン
(写真/PIXTA)
「悪い病院」「ひどい主治医」の見分け方 分野の異なる診療科を標ぼうするクリニックは要注意、やたら入院をすすめる病院も要警戒
「お医者さま」といえど、同じ人間で、“神様”ではない。あまりに過信していると、病気を治しに行っているのに命の危険にさらされることだってある。ハズレを引かないためには、どうすればいいのか──。それは、失敗…
2024.04.16 15:58
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
 4月8日、著書『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする『ぼくら~』シリーズで知られる作家・宗田理さんが急逝した。95歳だった。風邪から肺炎を起こし、8日の夕方6時26分に名古屋市内の病院で家族に見守られながら…
2024.04.16 14:00
NEWSポストセブン
『方舟を燃やす』/角田光代・著
【書評】『方舟を燃やす』 噂、言い伝え、ネットミーム…“不信の時代”を通して描かれる思考と努力の空回り
【書評】『方舟を燃やす』/角田光代・著/新潮社/1980円【評者】鴻巣友季子(翻訳家) 角田光代の「語り」の力が存分に堪能できる長編小説だ。立場の違う男女を主人公として、視点を交替させながら、時代の移り…
2024.04.16 11:00
週刊ポスト
作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)
【逆説の日本史】「和」を重んじるがあまり責任追及がしにくい国家であった大日本帝国
 ウソと誤解に満ちた「通説」を正す、作家の井沢元彦氏による週刊ポスト連載『逆説の日本史』。近現代編第十三話「大日本帝国の確立VIII」、「常任理事国・大日本帝国 その11」をお届けする(第1415回)。 * …
2024.04.16 07:00
週刊ポスト
「プベルル酸」とはどんな物質なのか(イメージ)
《紅麹問題》健康被害の原因は“プベルル酸”なのか? 「研究者にとってはノーマーク物質」「毒性がきちんと評価されていない」の声
 小林製薬は健康被害を引き起こす「紅麹」について、問題となった製品や原料ロットに「未知の成分」が含まれる可能性に言及。その後、同社はそれが(青カビ由来の)「プベルル酸」である可能性を厚労省に報告した…
2024.04.15 16:00
週刊ポスト
北海道で狩猟中に見つけたヒグマの足跡(筆者撮影)
なぜ狩猟をするのか スーパーの精肉売り場では見えてこない現実【連載・元NHK自然番組ディレクターが明かす「僕が猟師になったワケ」】
 今冬の北海道の猟期も3月末に終了した。昨年、人身被害が過去最悪となったことを受け、暖冬下で深刻なエサ不足に見舞われているクマによる被害の拡大が懸念されたが、表向きは平穏を維持している。それでも、野生…
2024.04.15 11:00
NEWSポストセブン
(写真/イメージマート)
【東大医学博士の最新研究】「今すぐ片付けないと、全部捨てちゃうよ!」親の悪気のない小さな噓が子どもの将来を危うくする
 東京大学客員研究員で医師の柳澤綾子さんは15年以上臨床現場の最前線に立ちながら、大学等でも研究し、海外医学専門誌(査読付)に論文を投稿。エビデンスに基づいた最新の医療、教育、子育てに関する有益な情報…
2024.04.15 10:59
NEWSポストセブン
(写真/イメージマート)
【東大医学博士の最新研究】「いつも一番でえらいわね」は子どもにマイナス影響も 「GRIT」を伸ばす褒め方は
「子どもが自分で人生を選択できるようになること」──東京大学客員研究員で医師の柳澤綾子さんは15年以上臨床現場の最前線に立ちながら、大学等でも研究し、海外医学専門誌(査読付)に論文を投稿。そんな柳澤さん…
2024.04.15 10:58
NEWSポストセブン
『自分で決められる子になる育て方ベスト』著者の柳澤綾子氏
【東大医学博士の最新研究】我が子の「GRIT」を伸ばすには…習い事を「2個」までに留めるべき理由
「子どもに幸せになってほしい」──多くの親が抱く感情でしょう。同時に人それぞれ永遠に答えの出ない問いでもあります。それを科学のアプローチから探ったのが、東京大学客員研究員で医師の柳澤綾子さん。 柳澤さ…
2024.04.15 10:57
NEWSポストセブン
浅倉秋成さん、最新作は“家族解散”がテーマ 物語の作り方を明かす「人間は短絡的に決めつけてはいけないという気持ちは常にある」
浅倉秋成さん、最新作は“家族解散”がテーマ 物語の作り方を明かす「人間は短絡的に決めつけてはいけないという気持ちは常にある」
【著者インタビュー】浅倉秋成さん/『家族解散まで千キロメートル』/KADOKAWA/1870円【本の内容】 浮気をした前科があり、《まるで存在そのものが、巨額の借金のような》父・義紀と、夫の代わりにパートで働き…
2024.04.14 16:00
女性セブン
医師たちは健康食品やサプリをどう見ているのか(イメージ)
【紅麹は避けていました】医師たちが語る「信頼して飲む/なるべく避けたい」サプリメントの一覧
 小林製薬の「紅麹」の健康被害が拡大したことで、健康食品やサプリのリスクに注目が集まっている。薬と同様に期待されるメリットとリスクがある健康食品やサプリだが、専門的な知識を持つ医師たちは、自身の身体…
2024.04.14 16:00
週刊ポスト

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン