• TOP
  • 芸能
  • 石田純一の娘・すみれが2世タレント界で勝ち組になれた理由

芸能

2013.05.22 16:00  NEWSポストセブン

石田純一の娘・すみれが2世タレント界で勝ち組になれた理由

 明石家さんまと大竹しのぶの娘であるIMALU、関根勤の娘である関根麻里、井上陽水の娘である依布サラサ……昨今の芸能界は、それだけで1つの特番を作っても溢れてしまうほど、2世タレントが続々とデビューしている。

 そのなかで、石田純一と松原千明の娘であるすみれは、“勝ち組”の1人といえるだろう。16歳でモデルデビューを果たし、現在では芸能人にとって最もおいしい仕事といわれるCM出演を複数獲得。イベントに呼ばれることも多数だ。

 なぜ、すみれは並みいる2世タレントを押しのけて、メディア露出が多くなっているのだろうか? 芸能関係者は「父親の石田純一が『不倫は文化です』と発言したからですよ」と断言する。「不倫は文化」は、1996年に長谷川理恵との不倫を追及された石田が言い放った芸能史に残る発言だ。

「あれ以来、石田は“トレンディ俳優”からプライベートを切り売りする“ワイドショータレント”になった。当初はイメージも急落したし、俳優としての仕事も減った。でも、結果的に金銭的には相当なプラスになっていますよ。

 なぜなら、1回で多額のギャラをもらえる商品PRイベントの仕事が激増したからです。イベントを企画する広告代理店やPR会社は、いかに多くのマスコミを呼べるかを基準にタレントを選びます。また、テレビの情報番組等での露出時間が多いことを重視します。石田さんは、しょっちゅうプライベートの話題があるし、それでいてちゃんと答える。当然ながら、ワイドショーをはじめとした芸能マスコミは食い付きますよね」(芸能関係者)

 その効果が、娘・すみれにも及んでいるというのだ。

「当然ながら、商品イメージに石田(純一)さんが合わない場合もあります。そこで、若い女性向けの商品であれば、石田さんの代わりにすみれさんが呼ばれるようになった。すみれさんを呼べば、父親のことを聞けるから、芸能ネタになる。

 また、石田さんだとターゲットは主婦層に限られてましたが、すみれさんの美貌とスタイルがあれば、男性にも訴求できる。だから、彼女はイベントの仕事がものすごく多く、それをきっかけにテレビの仕事が入るという好循環になっているのです」(同前)

 当時、誰もが首を捻った「不倫は文化です」発言だが、石田はその後の行動で、マイナスを見事プラスに転換。2世タレントブームのなか、娘を勝ち組にしてしまうほど、徹底したキャラ変換であった。

関連記事

トピックス