• TOP
  • 芸能
  • 気象予報士業界も「異常気象」? 不倫体質は仕事柄か社風か

芸能

2015.01.10 07:00  NEWSポストセブン

気象予報士業界も「異常気象」? 不倫体質は仕事柄か社風か

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が、巷で話題の芸能ニュースをさらに突っ込んで分析する「芸能耳年増」の連載が本サイトにてスタート。今回は、昨年末に世間を騒がせた気象予報士のW不倫ネタを斬る!

 * * *
 向井理&国仲涼子、杏&東出昌大だけではないだろうとは予想していたが、すっかり忘れていた永井大と中越典子がゴールインしたり、まさかの米倉涼子だとか、菊地凛子&染谷将太という“国際派”年の差婚があったり…と、オメデタ続きだった年末年始。

「こんなに多くの芸能人が結婚した年末年始は初めて」(フジテレビ系『めざましテレビ』の軽部真一アナ談)だそうである。

 そんな中、やがて正月休みに入ろうというワイドショーのスタッフたちをザワつかせた芸能ネタはこうした結婚話ではなかった。昨年末発売の『週刊文春』(1月1日・8日 新年特大号)に掲載された「NHKお天気お姉さん 岡村真美子 “変態ダブル不倫”低気圧」なる見出しで報じられた、通称「魔法少女」の岡村さんと、「妻子持ち気象予報士」TBS系『ひるおび』の佐藤大介氏、そして「気象庁関係者」A氏にまつわる記事だ。

 ふつう、W不倫というのは、共に結婚している男女が不倫することを指すが、今回は、女性の岡村さんは独身で、佐藤さんとAさんは妻子持ちという変態、いや変形W不倫。記事によれば、岡村さんと佐藤さんの関係を知ったA氏が、あろうことか佐藤さんの自宅を訪れ、全てをぶちまけようと企て、警察沙汰になったのだという。

 記事には岡村さんと佐藤さんがベッタリ寄り添う写真が何枚も掲載されており、その出所を辿るだけでも、当事者3人のドタバタぶりがわかろうというものだ。

『週刊文春』発売を受け、岡村さんと佐藤さんが所属する『ウェザーマップ』のHPには「お詫びとご報告」なる文章がアップされた。

「このたびの当社所属気象予報士佐藤大介、同岡村真美子に関する一連の報道の件について、関係者および視聴者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけしましたこと、ここにお詫び申し上げます。上記2名につきましては、ニュース番組で気象情報をお伝えするという役割の重要性に鑑み、NHK『ニュース7』、TBS『ひるおび!』内『JNNニュース』の各番組に対し、降板の申し入れをいたしました」(後略)

 その後、同社のHPはパンク状態に陥り、年末年始の気象予報などが一切閲覧できなくなった。年明け、やっとつながったHPを閲覧したところ、50名以上所属するお天気キャスター一覧のページに、岡村さんと佐藤さんのプロフィール写真はなくなっていた。
 
「異常気象」という言葉が一般化し、「爆弾低気圧」「殺人台風」といった物騒なワードが天気予報で聞かれるようになった昨今。ニュース番組やワイドショーでは天気予報の時間がどんどん長くなっている。『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)をはじめ、冒頭から気象ネタというワイドショーも少なくなく、そこには必ず「気象予報士の〇〇さん」が登場する。

 資格取得は年々難しくなっているそうで、「石原良純が取ったときからは比べものにならない」(某気象予報士談)らしい(苦笑)。というワケで、この資格を取得すれば“女子アナ30才定年説”もクリアできる…と、有名気象予報士を局に呼んで勉強会を開いているテレビ局もあるのだが、「ボクの教え方がいけないんでしょうか。いままでひとりも受かったことがない」(同前)というほど、狭き門だそうだ。

 が、『めざましテレビ』(フジテレビ系)の歴代お天気キャスターのように、資格をもたずにお天気コーナーを担当しているキャスターもいる。かつて皆藤愛子さんは「私は気象予報士さんの予報を読んでるだけです!」と天真爛漫に答えていたっけ。

 それでも彼女は長年「好きな気象予報士・お天気キャスターランキング」のトップに君臨していたし、『めざまし~』の場合は、角田華子さんが昔から「華ちゃん」と、名前に“ちゃんづけ”して呼ばれ、視聴者からもスタッフからも愛されている。

 この可愛がられっぷりは他局も同様で、私が以前出演していた『やじうま土曜日』(テレビ朝日系)のお天気を担当していた山岸舞彩さんも、局アナやコメンテーターから「舞彩ちゃん」と呼ばれ、女子アナとはまた別の愛され方をしていたように記憶する。

 晴れて気象予報士の資格を取得してからも、自分ひとりで予報できる人というのはなかなかいないらしく、先輩の予報士や仲間と情報交換しながら生放送に立っている予報士たち。今回、佐藤大介さんは『週刊文春』の取材に対し、自分は岡村さんの“教育係”だったというように答えているが、そういう“間柄”はわりとよく聞く話なのである。

関連記事

トピックス