芸能

ジャニー社長が国分を祝福 「結婚は1グループ1人」も変化

 3才年下の元TBS社員のA子さん(38才)と結婚したことを発表したTOKIOの国分太一(41才)。所属事務所の社長であるジャニー喜多川氏(83才)も大喜びで、駆けつけた記者にこう喜びの言葉を口にした。

「きちっと電話をいただいて、『報告します』と。感動しましたよ。おめでたいです。彼はものすごくまじめだし、仕事も一生懸命やっている。自分の責任のもとで結婚するのならば、(タレントを)認め信じながらやっていくのは当たり前だと思っています」

 そして、「(立場上)奨励するわけにはいかないけど」と前置きをした上で、こう続けた。

「アイドルとはいえ適齢期になったら遠慮なく結婚すべきです。奥さまが必要だし、将来、子供も必要だしね。それは流れとして当然のことで、なかったらかわいそうです。その上で我々は応援するだけです」

 この発言は、多くの関係者を驚かせた。

 2008年6月に交際が報じられ、2009年4月には雑誌のインタビューで堂々交際宣言をしたものの、すぐにふたりが結婚することはなかった。

「やっぱり、ジャニーズの結婚“鉄の掟”のせいで結婚できないのではないかと…。“1グループに結婚できるのは1人だけ”という暗黙のルールが存在するとされていましたから」(芸能関係者)

 確かに、当時のジャニーズ事務所に所属するタレントで結婚していたのは、近藤真彦(51才)をはじめ、少年隊の東山紀之(48才)、SMAPの木村拓哉(42才)、TOKIOの山口達也(43才)、V6・井ノ原快彦(39才)と、少なかった。

「国分さんの場合はすでに山口さんが結婚していたためGOサインが出ないんだろうといわれていました。でも実際には違います。今回の結婚もそうですが、鉄の掟なんてありませんし、かなり自主性に任されているんです。ただし、彼らは多くの女性ファンを抱えるアイドル。ファンのことを顧みずに結婚していいわけではもちろんない。以前、デビュー間もない時期に結婚したいとかけ合ったメンバーがいたそうですが、それは認められませんでした。老若男女を問わないファンから支えられるようになればOKだという意識を持っていると思いますよ」(前出・芸能関係者)

 現在、アイドルの形は多様化し、ニュース番組のレポーターやコメンテーター、バラエティーや情報番組の司会から料理番組、もちろん俳優業まで活躍の場は広がっている。その結果、SMAPやTOKIO、V6、嵐など、彼らのファンは老若男女を問わず、国民的タレントといっても過言ではないだろう。

「国分さんが結婚に踏み切れたのは、まさにそうした背景があったから。彼は『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で“もう1つステージを上げるつもりで結婚ということを選択しました”と語っていましたが、芸能生活を長く第一線でやっていくにあたって、結婚もステップアップだと考えたのではないでしょうか。ジャニーさんが異例のメッセージを発したのも、他のタレントも、国分さんのように自分のポジションを見極めた上で、人生の選択をする必要があるという激励なのだと思います」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年10月1日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン