• TOP
  • 芸能
  • 産休後に現場復帰 「ママウンサー」が増えている理由とは?

芸能

2015.10.24 07:00  NEWSポストセブン

産休後に現場復帰 「ママウンサー」が増えている理由とは?

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ママとして復帰する女子アナ、「ママウンサー」の実情について考察。

 * * *
 以前、TBSの吉田明世アナウンサーが某スポーツ紙のコラムで、「ママウンサー」が増えつつある同局は働きやすい職場だ…ということを書いていた。自分もいつかはママウンサーとして仕事をしてみたいとも希望を綴っていた吉田アナ。ちなみに、まだ結婚の予定さえなさそうである。

 ラジオと兼営であるというのも大きな理由だが、TBSに“女子アナ30才定年説”はないように思う。他局のように、30代になった途端にアナウンス部から広報部や宣伝部に異動させられたという話もそういえば聞いたことがない。

 実際、40代になっても、たとえば小倉弘子アナ、小川知子アナ、堀井美香アナらは、結婚、出産し、現場に復帰。長岡杏子アナの復帰もそろそろではないだろうか。

 彼女たちは、朝帯や昼帯の生放送や夕方のニュースでコーナーを仕切ったり、若手が夏休みの折、ピンチヒッターとしてMC席に立つこともある、いまも“メインどころ”。40代目前の39才である山内あゆアナは夕方の『Nスタ』をまさにメインで仕切っている。

 吉田アナが言うように、TBSはママウンサーが多いし、産休後も仕事で輝ける局と言っていいのだろう。

 実は、こうした会社になるには、組合員だった小島慶子元アナの尽力が大きい。局アナ時代にママウンサーになっていた同アナが、あの圧の強さと勢いで(!)諸条件を勝ち取っていったと思われる。

 こういう力強く頼れるママウンサーの先輩がいてくれると、後輩アナらも産みやすくなるのだと思う。ちなみに、件の小川知子アナと堀井美香アナは小島慶子アナと同期だ。

 30才定年説がもっとも根強く残っているように見えるフジテレビでさえ、最近はママウンサーが増えている。が、「現場では、色々言われているのも事実」と某男子アナがボヤいているのを聞いた。昼も夜もないような生活が当たり前のテレビ局にあって、ママということで早々に退社する女子アナに周りが慣れていないように見受けられる。フジテレビにも小島慶子が欲しい…と思っている女子アナがいたりして(苦笑)。2回目の産休に入っている中村仁美アナの復帰後の扱われ方がひじょうに気になる。

関連記事

トピックス