• TOP
  • 芸能
  • ドラマ『コウノドリ』 感動を際立たせる「塩顔男子」の存在

芸能

2015.11.16 07:00  NEWSポストセブン

ドラマ『コウノドリ』 感動を際立たせる「塩顔男子」の存在

『コウノドリ』が好評の綾野剛

 産科医療の現場をリアリティーたっぷりに描き、高い評価を受けているドラマ『コウノドリ』(TBS系)。ネット上には毎回、放送後、「感動した!」という視聴者の声が溢れる。感動的な演出に一役買っているのが、ある顔の特徴をもった俳優たちだという。テレビ解説者の木村隆志さんが指摘する。

 * * *
『コウノドリ』が女性の支持を得ている理由は、出産をめぐる感動的なストーリーであることに疑いの余地はありません。未受診妊婦、交通事故に遭った妊婦、喫煙妊婦、切迫流産など、毎週さまざまな妊婦のシリアスかつドラマチックな出産シーンが大きな見どころになっています。

 その感動に貢献しているのが、綾野剛さん、星野源さん、坂口健太郎さんら“塩顔男子”の存在。“塩顔男子”とは、「一重か奥二重まぶたで、色白など、薄い顔立ちの男性」をさす言葉で、このところメディアで特集が組まれるなど人気のタイプとされています。

 これまで俳優は「目立ってナンボ」「顔を覚えられたら一人前」と言われ、実際に“ソース顔”などの濃くはっきりとした顔立ちが主流でした。しかし、『コウノドリ』のようなテーマ性の強い作品では、その濃い顔立ちが邪魔になってしまうことがよくあります。今作でも、濃い顔立ちの俳優が出演し、産科医に見えず悪目立ちしていたら、素直に感動することはできなかったでしょう。

 そんな心配がないのが、綾野さんら“塩顔男子”。彼らは「いい意味で自己主張が少なく、それほど印象に残らず、物語の邪魔をしない」という強みを持っています。穏やかな笑顔の綾野さん、陰のある横顔を見せる星野さん、どこかキョトンとした表情の坂口さん。このような彼らの“薄い”姿は、出産をめぐって感情をむき出しにする“濃い”妊婦たちとのコントラストを際立たせていますし、まさにスタッフの狙い通りにうまくハマっている気がします。

関連記事

トピックス