• TOP
  • 芸能
  • モテ男・吉田鋼太郎 若手俳優が集う場に顔出し口説き術学ぶ

芸能

2016.01.28 07:00  週刊ポスト

モテ男・吉田鋼太郎 若手俳優が集う場に顔出し口説き術学ぶ

再々々婚のモテ男・吉田鋼太郎

 今年の元日、銀座の高級クラブでママを務める22歳年下のスレンダー美女と4度目の結婚(事実婚も含む)をした俳優・吉田鋼太郎。57歳にして吉田に出会いのチャンスが多い理由を、彼と付き合いの長い舞台俳優仲間が明かす。

「吉田さんは小栗旬(33)や藤原竜也(33)、松坂桃李(27)、長谷川博己(38)、溝端淳平といった若手のイケメン俳優と頻繁に飲みに行っています。酒席には彼ら目当てに若くて可愛い女の子が集まってくる。自然と吉田さんにも出会いのチャンスが訪れるんですよ」

 そんな吉田もかつては年相応の交際範囲だったという。

「以前は同世代と飲むことが多かったそうです。当時のことを吉田さんは、“おじさんたちは同じ話しかしないんだよ。墓や薬のことばかり”と苦笑いしていました。“若い子と話すほうが刺激になるよ”って」(同前)

 実際、ある酒の席で吉田は松坂桃季に「実は不安になっていることがある」と打ち明けた。「何ですか?」とく松坂に、吉田は「どうやったらテレビに出ている女優さんと仲良くなれるんだ」と真剣な表情で相談したという。

「松坂くんが“自分からは何も言わず、近寄って来たら芝居のアドバイスをすれば好感度が上がりますよ”と助言すると、吉田さんは“そうか、そうか”と納得していたそうです。年下でも有益な意見には耳を傾けるのが吉田さんの流儀なんです」(同前)

 若い世代が集う場に積極的に顔を出し、同じ目線で語り合うことで、自らの心持ちも若くなる。そんな交友関係も「中年の恋」を実らせている秘訣なのだろう。

※週刊ポスト2016年2月5日号

関連記事

トピックス