スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

パンチ佐藤 変わり果てた元同僚・野村貴仁氏は「野球バカ」

2016.03.26 07:00

 パンチパーマがトレードマーク。ドラフト1位でオリックスに指名され、明るいキャラで人気を博した、元野

 パンチパーマがトレードマーク。ドラフト1位でオリックスに指名され、明るいキャラで人気を博した、元野球選手でタレントのパンチ佐藤(51才)。さまざまなテーマで年間30本以上の講演会を開くパンチならではの視点で、今、注目を集めている野球界の話題についてぶった切った。

――大リーグ・マーリンズのイチロー選手は今年、3000本安打を達成できると思いますか?

パンチ:できますよ。あの体を見てわかるように、きちっと努力しているし、メンテナンスもしている。24時間野球のことを考えている奴ですから。ヒットを打つために寝る、飯を食う、トレーニングする。全て野球のためにやっています。打てない理由がないです。

 目に見えて動きが悪くなったとか、技術が落ちたとかはないですから。若干目が悪くなったとか、反応が悪くなったというのは、本人はあるかもしれないけど、専門家もぼくも見えないし、充分やっていけると思います。問題は心が折れたときですが、それもなさそうですよね。

――パンチさんといっしょのオリックス時代から、メンタルが強かった?

パンチ:強いです。たとえば、イチローは細いバットを、小指を余らせて持っていたんです。そこで土井監督(当時)に「細いバットを長く持たずに、太いバットを短く持って叩きつけなさい」と言われたんです。バットって、人によって長さ、太さ、重さが違うんですよね。

 イチローは監督に「監督は2、3年で変わりますけど、ぼくのスタイルは変わりませんから」と変えなかった。怒った監督は「じゃあ打ってみろ」と言ったその日、イチローは野茂(当時、近鉄バッファローズ)から初ホームランを打ったんです。ところが、次の日から二軍。

 ぼくは二軍にいましたから、「はいはいって聞いていれば、二軍に落ちなかったのに。おまえもバカだな」って言ったら、「いや、ぼくはぼくのスタイルを作りますから」って。たいしたものだなと思いました。当時、イチローは2年目ですよ。まだ、20才なっていないんじゃないですかね。

――すごいですね。

パンチ:ナイターは18時から試合開始です。イチローいわく、人間って、起きてから6時間後が一番力を発揮できるそうです。だからあいつは、合宿所の下の練習場で朝方3時4時まで練習して、昼の12時に起きていました。全部逆算して練習していたんです。そういうことをするのは、イチローだけでした。

 だからイチローは、そりゃあ3000本打ちたいでしょうけど、そのために努力しているんじゃないと思います。今日ヒットを打つ、明日も打ちたい、明後日も打ちたい。だから努力をしているんです。それで気が付いたら3000本という感覚なんでしょうね。

――野球界では、清原和博容疑者の逮捕は、どう感じましたか?

パンチ:つらいとか苦しいから覚せい剤に走ったという報道がありますが、それは言い訳ですよ。東日本大震災の被災者たちは震災から5年経った今も、みんなふんばっているじゃないですか。甘えちゃいけない。

 ただ、ツーアウト満塁でエラーしたのと一緒です。エラーしちゃったんだから、「なんでエラーしたんだ」「こうすればエラーしなかったはずだ」と今さら言っても仕方がない。これから更正して、「さすが清原だ」と言われるような生き方を見せるしかないですね。

――野球界は、そういう闇に手を染めやすい業界?

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP