国内

天皇陛下の生前退位 転機となった手術と重視された三者会談

数年以内の生前退位の実現を望まれているとも

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されているとNHKが報じ、列島に激震が走った。陛下は数年内に皇太子さまへの譲位を望まれており、美智子さまや皇太子さま、秋篠宮さまはすでに陛下のお気持ちを受け入れられているという内容だった。

「宮内庁は即座に“陛下がそのような意向を伝えたという事実は一切ない”とコメントを発表し、強い調子で報道を否定しました。その後も、陛下の意向はなかったと報じるメディアがあるなど、情報が錯綜しました」(皇室記者)

 本誌・女性セブンの取材で陛下がご意向を固められるまでの、1700日にわたる深い苦悩と熟慮が浮かび上がってきた──。

 はじまりは2011年、東日本を未曾有の大震災が襲った年だった。陛下は被災者の慰問のため、3月30日、福島からの避難者が身を寄せた東京武道館(足立区)を皮切りに、5月中旬まで7週連続で1都6県を回られた。地震や放射能の専門家から50回以上説明を受けるとともに、皇居のブレーカーを落としたり、30℃を超える猛暑の中でもエアコンを極力使用しないなど節電にも努められた。もちろん、平時でさえ多忙を極める通常の公務の合間を縫ってのことである。

 心身ともにお疲れが出たのか、同年11月6日から、陛下は発熱のため入院を余儀なくされた。告げられた診断はマイコプラズマによる肺炎。容体はなかなか回復せず、11月中の公務はすべてキャンセルされた。その中にブータン国王夫妻の歓迎行事(11月16日)があった。

「陛下が国賓の歓迎行事に出席できなかったのは、即位以来、その時が初めてでした。天皇であることは、公務をまっとうすることと同義と常々お考えになっていた陛下は、公務に対する責任感が非常に強く、徹底的に体調管理をされてきた。そんな中での欠席は、極めて残念で衝撃的な出来事だったのと同時に、“公務がすべて”という大原則が、その日崩れてしまったのです」(宮内庁関係者)

 当時、陛下は77才。その頃から、陛下は皇太子さま、秋篠宮さまと意見交換などをされる三者会談を始められたという。

「ブータン国王夫妻の式典には皇太子さまが代理として出席されました。陛下が満足に公務をできないことが今後も起こるかもしれず、その時は次世代に任せるほかありません。摂政を置くことや譲位を含め、皇室の将来を話し合う場として、宮内庁長官を立会人とする三者会談を不定期で行うことにしたのです」(皇室ジャーナリスト)

 さらにターニングポイントになったのは、翌2012年2月、心臓の冠動脈に狭窄が見つかり、バイパス手術に踏み切った時だった。

「2003年1月の前立腺がんの摘出手術以来、9年ぶりの手術でした。3週間の入院を経て退院。それからわずか7日後、難しいと思われていたのですが、東日本大震災の追悼式典に出席されました。手術を経たことでも心境にまた変化が見られるようになりました」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン