• TOP
  • 国際情報
  • トランプ氏と安倍首相 ゴルフの腕前と相性やいかに?

国際情報

2016.11.26 16:00  NEWSポストセブン

トランプ氏と安倍首相 ゴルフの腕前と相性やいかに?

安倍首相とトランプ氏のゴルフ対決はあるのか?

 コラムニストでデイトレーダーの木村和久氏が、近頃気になるニュースをピックアップし独自の視点で読み解きます。今回は、トランプ氏と安倍首相の相性をゴルフ的観点で考察。

 * * *
 なにはともあれ、安倍首相とトランプ次期米国大統領の会談は、無事に終わったようでホッとしております。話題になったのは、お互いのお土産が、ゴルフグッズだったことです。双方ゴルフ好きですから、ゴルフ関連で盛り上がれば、打ちとけるのも早いかと思います。今後、ふたりは再会を果たし、仲良くラウンドする可能性もあるでしょう。そうなると、ゴルフ業界の熱いニュースとなり、ゴルフブームが起こるやも知れません。

 かつて、当時の皇太子さまと美智子さまが軽井沢でテニスデートをされて、空前のテニスブームが起こりました。そこで、タイガー・ウッズ以来のゴルフブームを密かに期待しつつ、日米両首脳のゴルフ戦闘力を比較してみたいと思います。

 まずは、何かと注目されているドナルド・トランプ氏。安倍首相にあげたのは、ポロシャツなどのセットとお手頃品でしたが、本人の総資産は5000億円以上。ゴルフ場を18も持っている、本物のセレブです。トランプ氏のゴルフの腕前はかなり上手という評判です。ショットをしている動画を見る限り、全身を使ったダイナミックなスイングで、相当飛ぶと思われます。ある情報によれば、ハンデは5で、ホールインワンを5回、ベストスコアが60って…、ほとんどプロじゃないですか。

 来年あたり、安倍首相がアメリカに行ったら、トランプ氏所有のコースでラウンドとなるのでしょうか? そういえばトランプ氏は、スコットランドの名門、ターンベリーGCを所有しています。ターンベリーといったら、全英オープン開催4回の超名門コースです。全英オープンは、スコットランドとイングランドにある、約10コースが持ち回りで開催するのが通例となっています。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス