• TOP
  • 芸能
  • ファンが語るスマスマ 「第1回はすべてが印象的だった」

芸能

2016.12.01 11:00  女性セブン

ファンが語るスマスマ 「第1回はすべてが印象的だった」

切なくて「スマスマ」がリアルタイムで見られないファンも

「見たくないんじゃなくて、見られないんです。もちろん録画はしてありますが、リアルタイムで彼らの姿を見ると胸が苦しくて。信じたくないけれど、終わりに向かっていることを突きつけられるようで…」

 お腹にいる時からSMAPの曲を聴いてきたというファン歴=年齢の山根美優さん(仮名、24才)はそう言うと、言葉を詰まらせた。

 12月26日といわれている最終回へ向け、ついに1か月を切った『SMAP×SMAP』(フジテレビ系・月曜22時~。以下、スマスマ)。注目度が高まるはずのこの時期に、11月14日放送回が今年最低視聴率の6.4%を記録したことが大きなニュースとなったが、ほとんどのファンは山根さんのような思いなのではないだろうか──。

 スマスマは1996年にスタートした初の冠番組。アイドルが歌だけでなく、料理対決やコント、罰ゲームを体を張って頑張る姿は視聴者を驚かせ、その名を全国区にした。

「思い出深いのはやっぱり第1回(1996年4月15日)でしょうね。『ビストロスマップ』は、今でこそみんな手際よく料理をやっていますが、最初のゲスト・大原麗子さん(享年62)がリクエストした“昔ながらのカレー”を作った時は、森(且行・42才)くん以外、みんな下手くそで(笑い)。包丁も満足に持てず、(稲垣)吾郎ちゃん(42才)がじゃがいもの皮をピーラーで剥くのも、見ていて怖かったくらい。(草なぎ)剛(42才)がカレー粉を焦がした時は、あ~あって声が出ました(笑い)。だから、さらりとやっていた森くんがめちゃくちゃかっこよかったんですよね」(ファン歴25年の大和圭子さん・48才)

 第1回の放送は、すべてが印象的だった、と大和さん。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス