芸能

最新芸能記事のRSS

徳永有美元アナ 「いちばんの勝ち組」と囁かれる理由

2016.12.07 16:00

 不倫が大きな社会問題となった2016年。タレントだけでなく、女子アナも“禁断の恋”に走っていた。

 不倫が大きな社会問題となった2016年。タレントだけでなく、女子アナも“禁断の恋”に走っていた。

 たとえばフジテレビ・生田竜聖アナ(28)との別居が報じられた秋元優里アナ(33)。別居を報じた写真週刊誌『FLASH』(11月29日・12月6日合併号)では、理由について、秋元アナが同局のプロデューサーと不倫していたことが生田アナにバレたからだと言及されている。

『報道ステーションSUNDAY』のレポーターとして活躍するテレビ朝日・矢島悠子アナ(34)も同様だ。

 2011年に16歳年上の同局プロデューサーと結婚した矢島アナは5年足らずで別居。今年10月、『報ステSUNDAY』の制作を請け負う番組制作会社社長の自宅に入り浸る姿が『週刊文春』(10月20日号)にスッパ抜かれた。2人とも不倫については否定したが、同誌に掲載された腕を組んで歩く仲睦まじい写真は、“ただならぬ関係”を感じさせた。

 そうした不倫女子アナで「いちばんの勝ち組」と囁かれるのがウッチャンナンチャン・内村光良の妻となった元テレビ朝日・徳永有美(41)である。

 徳永は2001年8月に同期入社のディレクターA氏と結婚。しかし、2003年4月に内村との不倫温泉旅行が発覚すると『スーパーモーニング』や内村と出会った『内村プロデュース』の降板を余儀なくされた。徳永とA氏とは裁判の末、2003年9月に協議離婚が成立。

「当初、A氏の怒りは凄まじく、“テレ朝を辞めなければ訴訟をおこす”と迫っていた。最終的には夫婦のマンションから徳永が出ていき、ローンの残り2000万円を徳永が支払うことで合意した」(テレ朝関係者)

 徳永は「二度と内村と会わない」ことを条件にキャスターに復帰したが、やがて2人の恋は再燃。2004年8月、再び写真誌に“復縁”をスクープされると内村もケジメをつけた。現在、2人の子宝にも恵まれ幸せな生活を送る徳永。

「内村は視聴率20%を超える『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)をはじめとして、レギュラー番組を7本持つほか、今年は映画監督として『金メダル男』を世に送り出すなど、いま絶頂期を迎え、その年収は6億円超えともいわれています。徳永がもたらしたポジティブ状況は業界内でも話題になっています」(放送作家)

 不倫の後始末は人それぞれだが、幸せを手に入れられるのはほんの一握りのようだ。

※週刊ポスト2016年12月16日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP