• TOP
  • 芸能
  • 過去は隠さない成宮寛貴、引退文書の不可解

芸能

2016.12.15 07:00  女性セブン

過去は隠さない成宮寛貴、引退文書の不可解

「セクシャリティな部分」は秘密じゃなかった?

 野太い笑い声の響く夜の新宿2丁目で、かつて街中に名を轟かせた美少年がいた。「ひろしげ」と名乗り、親はいなかった。弟の学費を稼ぐために、高校に行かず、バーで働いていた。柔和な笑顔の裏にどこか陰を感じさせ、夜毎の勤めに疲れると店のソファで寝息を立てていたという。20年後、家族思いのその男は、芸能界で地位を築き、突如、逃げるように身を引いた。

 12月9日、俳優の成宮寛貴さん(34才)が引退を発表した。発端は『フライデー』が報じた、成宮さんのコカイン吸引疑惑。自室でコカインのみならず大麻やケタミンまで使用していたという友人男性A氏の証言に加え、コカイン吸引現場とされる写真も公開された。

 直筆文書で引退を表明した成宮さん。違法薬物疑惑には具体的に触れず、セクシャリティな問題に言及するというものだった。だが、彼のコメントには矛盾と謎がある。

◆2丁目時代は隠していない

 母子家庭で育った成宮さんは、中学時代に母親を亡くし、弟と共に祖母の元へと引き取られた。

「母の生命保険が1億円近くありましたが、大半を失い、兄弟に残されたお金は僅かだったそうです。中学卒業後、芸能界を目指して今の事務所に入りますが、当然、すぐに仕事は入らない。低家賃のアパートで暮らし、冷蔵庫は中古、段ボールの上にテレビを置くような貧しい生活が続きました」(成宮さんを知る芸能関係者)

 頼るべき家族はいない。15才にして世の辛酸をなめた成宮が行き着いたのが、新宿2丁目だった。最近は観光名所としても知られ、女性客も多い2丁目だが、20年前は世界有数の“ゲイタウン”の側面が色濃く残っていた。冒頭、「ひろしげ」と名乗った美少年こそ、成宮さんである。

「彼、とある有名ゲイバーで働いていたのよ。甘え上手で、目が合うとニコッと笑うの。そりゃモテたわよ。男女問わず複数のパトロンがついていて、女優たちもご執心だったというのは有名な話。彼の稼ぎで、弟さんは後に超名門の私立大学に進学できたのよ」(2丁目のあるゲイバー店主)

関連記事

トピックス