• TOP
  • 国際情報
  • 朴槿恵義弟・独占インタビュー 「姉はそんなひとではない」

国際情報

2017.05.02 11:00  SAPIO

朴槿恵義弟・独占インタビュー 「姉はそんなひとではない」

拘置所へ護送される朴槿恵前大統領 YONHAP NEWS/AFLO

 いわゆる「崔順実ゲート事件」は、一般人である崔と、昔からの知り合いである朴槿恵・韓国前大統領をめぐる収賄事件である。これについて憤るのが、朴前大統領の妹婿である申東旭(シンドンウク)氏(49)だ。

「まるで魔女狩りです。義姉(朴槿恵)はメディアに寄って集って歪曲報道されて世論形成が行われ、よもや実現することはないだろうと思われていた弾劾まで憲法裁判所の判事が全員一致で認めてしまった」

 申氏は、妻や義姉の父・朴正熙元大統領が率いた政党と同じ名前を持つ「共和党」の総裁を務める。4月中旬の韓国ソウルでジャーナリストの竹中明洋氏がインタビューした。

 * * *
 これは人民裁判のようなもので、民主主義に逆行するものです。韓国の歴史に大きな禍根を残すことになりかねない。義姉は、韓国を経済成長へと導いた朴正煕氏の長女として生まれました。その生い立ち、父親の暗殺後の境遇、そして大統領になるまでの政治的な歩み、全てが韓国の現代史そのものだったが故に、格好のゴシップのネタとされました。

 確かに彼女は、崔太敏・順実のような怪しげな父娘を身辺に近づけてしまったのは事実です。私の妻はそれを諫めようとして姉と対立してしまいました。

 でも、義姉は弾劾されなければならないほどのことをしたでしょうか。ましてや収賄なんて。彼女は無罪を主張し、たとえ残りの生涯を刑務所で暮らすことになっても、罪を認めはしないでしょう。私の妻も「姉はそんな人ではない。空が2つに割れてもあり得ないことだ」と話しています。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス