スポーツ

広岡達朗氏が清宮幸太郎に苦言「あの体つきではダメだ」

●打撃/「右肩を残す」を意識させる!

 切れ味鋭いスライダーとシュートで、巨人時代の松井秀喜ら左の強打者をきりきり舞いさせてきた元阪神の中継ぎ左腕・遠山奨志氏は、「右肩を残す意識」が必要だと指摘する。

「投げていて“この左打者はサウスポーを苦にしていないな〟という印象を受けるバッターに共通するのは右肩を開かずに残す意識があること。ボールを手元に引きつけられるから、ピッチャーは攻め方が難しくなる。清宮君は、テークバックを小さくし、巨人の阿部慎之助(38)に近いフォームを心がけるなどの工夫も見えるが、まだ本能のまま打っている。プロに進んできちんとしたコーチ、指導者のもとで右肩を残す意識が高められれば、手首が柔らかいので左投手の変化球もバットで拾えるようになるはずです」

●フィジカル/下半身の肉体改造が必要だ!

 身長184センチ、体重103キロの“巨体”について監督としてヤクルトと西武を日本一に導いた広岡達朗氏は「あの体つきではダメだ」と、肉体改造の必要性を強調する。

「走れない選手はプロでは使えませんよ。もっと下半身を鍛えるトレーニングを積んで、全力疾走できるようにしないといけない。自分が監督だったら、使えない選手は獲らない。プロになるのはもう少し後でいいんじゃないか。何よりスター選手はスタイルが良くて、プレーがスマートでないといけない。長嶋(茂雄)も王(貞治)もそうでしたから」

※週刊ポスト2017年5月19日号

関連記事

トピックス