芸能

「透明な不倫ドラマ」 波瑠『あなそれ』の楽しみ方

番組公式HPより

 今クールでの話題性といえばこの作品が頭一つ抜けた感がある。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が『あなそれ』について分析した。

 * * *
 いよいよ終盤にさしかかり、快進撃を続けているドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系火曜日午後10時)。数字も伸び続け、勢いが止まらない。今週の第8話はなんと視聴率が0.9ポイント伸びて13.5%へ。

 登場人物が「Wゲス不倫」に走るストーリーのため、とくに滑り出しの頃は賛否が分かれたこのドラマ。ですが、実は描き方が非常に新鮮で、いまだかつて見たことのない世界。

 夫の涼太(東出昌大)に不倫がバレた主人公・美都(波瑠)。あっけなく結婚関係を捨て妻は離婚を迫る。しかし夫はなかなか離婚届けに署名してくれない。二人の関係はねじれている。言ってみればこれはドロドロの対局、「透明な不倫ドラマ」。

「透明」とは、主人公・美都がカラッポということ。屈折や罪悪感や負の感情がない、ということ。暗さがなく湿度がない。ある意味空虚。そこが、これまでにはない面白味を生んでいるのではないでしょうか。時に涼太のブチキレ具合がすさまじく、あまりに極端で思わず腹を抱えて笑ってしまうようなシーンも。

 ドラマが始まった時は、まだそうした個性的人物や演出意図など全貌が見えていなかったこともあって、「主人公の不倫があまりにゲス」「最低過ぎて感情移入できない」「波瑠はなぜこんな役を引き受けたのか」など批判や疑問もわき起こりました。

 その時、波瑠は自らブログでこう決意表明。

「(美都は)私自身ですら共感もできない、応援もできないような女性」「共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない」「けれど私は、自分が何か得をするためにこのお仕事をしてるつもりもない」「苦しくてもがいた時間の中から、自分が何を見つけられるかが大事」「苦労が大きければ大きいほど何かを自分の中に残してやる~って」「意味のない時間なんてないです」

 カッコいい。胸がスカっとする。

『あなそれ』が視聴者を惹きつけているのは、実はドラマ世界を支えている波瑠のこの「凜とした」ブレのない姿であり、まっすぐに伸びた背筋、ではないでしょうか?

 考えみれば「役者」とは、別の人物になりきる仕事。さまざまな人格になることこそ、仕事であり才能の発揮のしどころ。しばしば理解を超えたナンセンスな人間にも化けなくてはならない。そんな役回りが来た時はむしろ、自分の力を伸ばすチャンス。

 いつまでも『あさが来た』の「あさ」のままでよいはずがない。

「波瑠がこんな役柄を引き受けて幻滅」なんて言っている方が甘いのではないでしょうか。今回のドラマを巡って見えてきたのは、むしろ視聴者側の、フィクションに対する受け取り方の狭さなのかもしれません。

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン