国内

小池新党の異色女性候補 過去の言動に公明党が神経尖らす

「私は政治家になってから誰かに親類の話をしたことはないし、どうしてそんな話が出たのかもわかりません。

 ただ、庭野日敬開祖様が世界平和や政治の浄化を訴えていることは存じております。私の政治信条と合致するし、良い印象はあります。でも選挙で支援してもらったことはない」

──立正佼成会は支援したことがあると言っている。

「なんでそんなこと言うのか、私には分かりません」

 立正佼成会の信者たちは、庭野氏を教祖ではなく開祖と呼んでいるという。大津氏は内部事情に詳しいようだ。

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連記事

トピックス