• TOP
  • 国内
  • 安倍、福田、麻生、鳩山、森ほか平成総理の愚言、恥言、妄言

国内

2017.07.03 07:00  SAPIO

安倍、福田、麻生、鳩山、森ほか平成総理の愚言、恥言、妄言

ソウルの西大門刑務所跡地にて Yonhap/AFLO

 一国のトップが発した言葉は、ときに日本を混乱させ、ときに自身の政治生命を終わらせる。そこに首相としての資質が垣間見られる。

【福田康夫】
「私は自分自身を客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」 (平成20年、辞意表明時)

 第一次安倍内閣に続きわずか1年で突然辞意を表明した福田。記者に「まるで人ごとのようだ」と言われ、こう反論。

【村山富市】
「なにぶん初めてのことですので」(平成7年、阪神淡路大震災後の対応の遅れを問われて)

 阪神淡路大震災では、自衛隊出動の判断が遅れたことで犠牲が拡大したとされる。初動の遅れについて批判された際の国会答弁。

【鳩山由紀夫】
「元日本の総理として、ひとりの日本人、人間としてここに来ました」(平成27年、ソウルの西大門刑務所跡地にて)

「中国から見れば、尖閣諸島は日本が盗んだと思われても仕方がない」(平成25年6月、香港メディアのインタビューに答えて)

 日本の朝鮮統治時代、独立運動家らが収容されたソウルの西大門刑務所跡地で靴を脱いで土下座し、涙を流した。鳩山は政界引退後も、歴史認識、領土問題などで日本の国益を損なうような発言を繰り返している。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス