芸能

吉岡里帆 「スッピン濡れ髪」で会いに行った佐藤健宅

佐藤健のマンションを訪れた吉岡里帆

『どん兵衛』CMで星野源(36才)に妖艶なきつねコスプレで迫り、化粧品の新商品イベントでうっとりするような泡チューを披露。放送中のドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)では、幼い頃に母親に捨てられ愛を知らない主人公・律(長瀬智也、38才)と少しずつ心を通わせていくヒロインを好演し、雑誌『プレイボーイ』には異例の40ページにわたるインタビューグラビアが掲載される──。今、飛ぶ鳥を落とす勢いで話題を集める女優が吉岡里帆(24才)だ。

「そもそも、吉岡さんが注目されるようになったきっかけは、2015年の朝ドラ『あさが来た』で主人公・あさ(波瑠、26才)の秘書見習いの宜(のぶ)を演じたこと。当時はまだまだ無名でしたが、勉強熱心で健気な宜の演技が一定の評価を集めました。

 転機になったのは今年1月クールのドラマ『カルテット』(TBS系)です。周囲を振り回し、虜にした男性は数知れないという根っからの悪女を演じきりました。最終話で、白人男性にエスコートされ豪華な指輪を見せつけながら“人生チョロかった”と高笑いした姿は伝説のシーンでしょう」(芸能関係者)

 そんな大ブレークもあって連日多忙を極める吉岡が、初夏のある夜、都内のコンビニで買い物をしていた。マスクはしているもののどうやらスッピンで、風呂上がりなのか、まだ髪も濡れているほどの艶っぽさ。ペットボトルを何本か購入した吉岡は、待たせていた車に乗り込んで都内の高級マンションへと足を向けた。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン