スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

熊本・秀岳館の鍛治舎巧監督 「さらば幻想の高校野球」

2017.08.20 07:00

 3季連続で甲子園ベスト4に進出した熊本・秀岳館の鍛治舎巧(かじしゃ・たくみ)監督(66)が退任を発

 3季連続で甲子園ベスト4に進出した熊本・秀岳館の鍛治舎巧(かじしゃ・たくみ)監督(66)が退任を発表。就任3年で無名校を甲子園常連に育てた一方、物議を醸す言動も多い指揮官だった。『永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット』などの著書があるノンフィクションライターの柳川悠二氏が、その「本音」に迫った(文中敬称略)。

 * * *
 秀岳館が熊本大会の準決勝で勝利した7月23日の夕刻、同校監督の鍛治舎巧からメールが届いた。鍛治舎は2日前に体調不良を訴え、自ら119番通報して緊急入院(診断は不整脈)。準決勝の采配をコーチの山口幸七に託していた。

《私は至って元気ですが、外出許可が出ません。医師の横暴です(笑)。でも私が球場にいなくても、同じことを山口コーチがしてくれました。以心伝心ですね。良い後継ぎができました。多謝鍛治舎》

 翌日の決勝で九州学院に辛勝した後にも届いた。

《病室で泣いていました! 余りに不甲斐ない試合に(笑)。さらに鍛え上げて再び日本一を目指します》

 熊本大会中のメールのやりとりから、この夏を最後に退任する腹づもりであることがうかがえた。私は、この鍛治舎巧という野球人が大嫌いだった。テレビカメラの前に立てば笑顔を絶やさず、NHKの高校野球解説を務めていた頃と同様、語り口は明快だ。しかし、ファンや報道陣の不興と顰蹙を買う行為も繰り返してきた。

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP