• TOP
  • 芸能
  • 安住アナ 泉ピン子の相手に疲れ、共演NGの配慮される

芸能

2017.09.15 07:00  女性セブン

安住アナ 泉ピン子の相手に疲れ、共演NGの配慮される

名コンビだった泉ピン子との共演が減った理由は?

「ピン子さんは“自分が死んだら追悼番組は『ぴったんこカン☆カン』(TBS系)に、葬式の司会は安住紳一郎にお願いしたい”と言うほど、番組と安住さんを愛しています。でも、その日は微妙な空気でした。安住さんとの絡みもどこかギクシャクしているようで…」(テレビ局関係者)

 9月15日放送の『ぴったんこカン☆カン』に泉ピン子(70才)が登場する。

 時にはバスガイドに扮し、またある時には着物姿で、全国のロケ先ではじけてきたピン子。そんな彼女に困惑しながら従うTBSの安住紳一郎アナウンサー(44才)との珍道中は同番組の名物企画だった。

 今回のピン子の出演は半年ぶりで、今年の共演は2回目。5年前に、2か月に1度のペースで共演していた頃と比べると激減している。

「しかも、今回はピン子さんがメーンのコーナーはありません。18日放送のスペシャルドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の番宣のためで、橋田壽賀子さん(92才)や角野卓造さん(69才)との出演になります。安住さんは橋田さんの“住み込み書生”という設定です」(前出・テレビ局関係者)

 安住とのかけあいも減り、ロケ中も距離が感じられたというが、何があったのか。

「どうも、安住さんがピン子さんとの“濃密な関係”に少し疲れを感じているようなんです。スタッフが気にして“共演NG”にしているようで、それが2人の共演が減った理由だそうです」(前出・テレビ局関係者)

 今年の1月に放送された『ぴったんこカン☆カン』では、こんなシーンも。

「木村拓哉さん(44才)が出演したとき、『(その場にいない)ピン子さんを呼ぶ』と発言したのですが、このとき安住アナは、『そういうことは3か月前に言っておいてもらわないと困る』と真顔で返していました」(番組関係者)

 自他ともに認める“名コンビ”だったはずだが…。

関連記事

トピックス