• TOP
  • スポーツ
  • 名球会入り選手はゼロ、崖っぷち「松坂世代」の瀬戸際

スポーツ

2017.11.01 07:00  週刊ポスト

名球会入り選手はゼロ、崖っぷち「松坂世代」の瀬戸際

藤川球児も松坂世代の1人(写真:時事通信フォト)

 CS開幕直前の10月13日、「巨人・村田修一が自由契約選手へ」というショッキングなニュースが球界を駆け巡った。

 1980(昭和55)年生まれの村田は、いわゆる「松坂世代」の一人だ。過去に2度も本塁打王に輝いた、世代屈指のスラッガーに対する戦力外通告。この出来事は、「松坂世代の終わりの始まり」を示唆しているように思う。彼らは今、世代交代の波に、完全に飲み込まれようとしている。

 村田をはじめとする松坂世代の選手たちはかつて、球界の中心を担う存在だった。ソフトバンク・和田毅(最多勝2回、最高勝率)、巨人・杉内俊哉(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振など)、阪神・藤川球児(セーブ王2回など)、ヤクルト・館山昌平(最多勝)、オリックス・小谷野栄一(打点王)……村田以外にもタイトル保持者が目白押しだ。

 そして、何より大将格の松坂大輔本人が、MLB・レッドソックスでワールドチャンピオンにまで上り詰めている。

 そんな最強世代の勢いに衰えが見え始めたのは、“大将”松坂が右肘にメスを入れた2011年辺りからだろう。

 松坂の後を追うように、相次いで海を渡った和田と藤川も、メジャー移籍直後にトミー・ジョン手術を経験。ソフトバンクから巨人に移籍した杉内も、在籍1年目こそ活躍したが、以降は股関節の痛みに悩まされ、現在もケガのために2シーズンにわたって一軍のマウンドから離れている。

関連記事

トピックス