• TOP
  • ライフ
  • 夢の若返りホルモン、マイオカイン分泌を促す運動方法

ライフ

2017.11.24 07:00  週刊ポスト

夢の若返りホルモン、マイオカイン分泌を促す運動方法

 ぼくは、一日10回の鎌田流ゆっくりスクワットをすすめている。夢の若返りホルモン、マイオカインの分泌量は、10回で十分といわれている。これは、ヒンズースクワットと違い、腕の反動を使わない。両腕をだらんと垂らしておく。やり方は簡単だ。

(1)肩幅くらいに足を広げる
(2)膝をつま先の上に下ろすつもりで、ゆっくりとしゃがんでいく
(3)太ももが水平になるくらいまでしゃがんだら、
(4)ゆっくりと立ち上がっていく

 ポイントは、できるだけゆっくり。特に立ち上がるときは、5センチくらいずつ段階的に立ち上がるようなつもりで意識するといい。ゆっくりすることで、太ももの筋肉に負荷がかかり、いい運動になる。

 このスクワットを10回やって、その後、ウォーキングをするといい。忙しくてわざわざ時間を割けない人は、朝、歯を磨きながら、テレビでニュースを見ながら、スクワットをしよう。通勤の駅までの道や、スーパーまでの買い物の行き帰りを、できたらインターバル速歩で歩いてみるといい。長く続けるコツは、日常生活にいかに組み込むか、である。

 筋肉のいいところは、いくつになっても鍛えることができることだ。筋肉は使わないと減っていくが、高齢になっても筋トレをすれば、維持、増強することができる。毎日、スクワット10回とウォーキングを続ければ、1か月後、2か月後、足が軽くなるなどの実感が得られるだろう。

 ぜひ、今日からスクワットとウォーキング、始めてほしい。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。近著に、『検査なんか嫌いだ』『カマタノコトバ』。

※週刊ポスト2017年12月1日号

関連記事

トピックス