国内

新元号の決め方と情報漏れ防ぐための厳し過ぎる掟

2019年4月30日に退位される天皇陛下

 2019年4月30日の「平成の終わり」に向けて、水面下では新元号制定への準備が進められているという。

 1月7日、安倍晋三首相(63才)は「国民生活への影響などを考えながら、いつ発表すればいいのか考えていきたい」と語り、年内の事前公表を示唆している。

「天皇陛下の生前退位決定以降、マスコミの新元号候補スクープ合戦は過熱するばかりです」(全国紙政治部記者)

 気になる選定方法だが、安倍首相が「新たな元号の選定は、平成の選定過程を踏まえながら進めたい」と公言しているように、平成への改元の際の手続きを踏襲するようだ。

『「元号」と戦後日本』(青土社刊)の著者で、事業構想大学院大学准教授の鈴木洋仁氏が解説する。

「1979年に成立した元号法には『元号は政令で定める』と明文化されており、今回も政府が新元号を決めます。平成への改元時は、元号案を中国の古典や漢字の専門家に依頼し、最終的に3案まで絞り込み、それを昭和天皇が崩御された直後、日本新聞協会会長、NHK会長など8人のメンバーからなる『元号に関する懇談会(元号懇)』を経て、閣議で決定しました」

 最終候補には「正化」「修文」が残っていたが、政府第一案である「平成」が採用されたという。内閣官房副長官として「平成」の制定にかかわった石原信雄氏が当時を振り返る。

「元号法制定後、すぐに政府は新元号の準備に取りかかりました。しかし、昭和天皇がご健在のうちから、新しい元号の準備をしていることが公になれば不敬との批判は避けられないため、準備は秘密裏に進めました。また元号は天皇陛下が崩御された後、『明治天皇』『昭和天皇』のように諡(おくりな)となる崇高なもの。マスコミに候補がスクープされれば、その時点で使用できなくなるため、外部に漏れないように準備には非常に神経を使いました」

 実際、前述した元号懇では、こんな逸話が残っている。

関連記事

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン