「14才になって思春期でちょっと心配だな、環境を変えた方がいいかなと考えてハワイへ送り出すことにしたようです。“シングルマザーだし息子たちはきちんと育ってほしい”という気持ちが強かったみたいで。生まれてまだ1~2才の子供を抱えていたというのもあったのかもしれません」(芸能関係者)

 2年後の2014年に次男もハワイに留学した。別の高岡の知人は母・高岡早紀をこう見る。

「実は高岡さん、日本のママ友の間ではちょっと不評な部分もあったんです。小学生のときに子供がお泊まりに来てもお礼の電話もないとか、お土産をもたせたとしても、会ったときにも全然知らんぷりだとか。放任主義というか、ちょっと放置しすぎというか…。そう言われていたんです。でも、中学生の息子2人を海外に送り出すなんて勇気があるし、子供に依存していないというか、放置ではなくて自立したいい関係なんだな、と」

 ハワイで暮らす子供たちと高岡のふれあいは3年ほど前の『アナザースカイ』(日本テレビ系、2014年10月17日放送)で紹介された。母親の顔を見せる高岡と照れてぶっきらぼうな顔を見せる息子たち。

 ハワイについてしどろもどろに解説しようとする母親に長男は「わかってないこと言わなくていい」とピシャリ。高岡が「ホントにみんなおかしいよ、どんどん大きくなっちゃって~」としみじみつぶやくと、「育て方が下手だったんじゃない?」と即答。長男は高岡との会話を「すぐシケる」と独特の言葉で表現した。

 次男も負けず劣らずで、「ママはどのような存在ですか」と聞かれると、「服を洗ってくれる人」「ご飯のお金を払ってくれる人」などとぶっきらぼうに答えた。高岡はそんな息子たちに、こんな思いを吐露していた。

「(ハワイ留学は)寂しくない。平気で連絡とれるもん。東京にいた時よりも会話は増えている。私も14才くらいから仕事を始めて、その時の自分を思うと意外と私が親になって子を思っている気持ちよりも、子供たちって意外と頑張れる。ちゃんとしてる。できるって思う」

※女性セブン2018年2月8日号

関連記事

トピックス

「中村さん」と呼んでいた水トちゃん
水卜麻美アナの結婚秘話 中村倫也が交際バレないために芸能人御用達マンションに引っ越し、呼び方は「中村さん」
女性セブン
リラックスした表情に多くのファンが胸キュン(左は水原氏。写真/共同通信社)
大谷翔平「バルコニーにジャグジー」「愛車はポルシェ」のカリフォルニア生活「近づくといい香り」証言も
女性セブン
演歌界で抜群の人気を誇る
真田ナオキ33才「離婚と子供5人」「暴走族の総長」壮絶過去を明かす
女性セブン
自宅のハイスペックPCでも将棋を研究しているという(時事通信フォト)
6冠・藤井聡太竜王が使う「研究用PC」は推定200万円「1秒間で7000万手先まで読む」
週刊ポスト
NHK女性アナのエピソードの数々(左から井上あさひアナ、和久田麻由子アナ、桑子真帆アナ)
「アムラー眉」「津軽弁」…和久田麻由子アナ&桑子真帆アナら、NHK女性アナたちの素顔
週刊ポスト
關口家
わが息子の名は「赤彗星(シャア)」 聖地・甲子園を目指す“ガンダム一家”の物語
NEWSポストセブン
岸谷香&五朗の長男が
岸谷五郎&香夫妻の長男が、金髪ロン毛、口ピアスのYouTuberになっていた「小室圭さんを救いたい」発言も
女性セブン
真田ナオキ33才“演歌界のビッグダディ”だった!「実は子供が5人います」衝撃告白
真田ナオキ33才“演歌界のビッグダディ”だった!「実は子供が5人います」衝撃告白
女性セブン
タイ人女性との関係が報じられた鈴木敏夫氏
《ジブリ困惑》鈴木敏夫氏、タイ人シングルマザーとの“本当の関係”自著で明かす「宮さんにそっくりだ」
NEWSポストセブン
愛子さまの将来のお相手は?(時事通信フォト)
皇室記者が準備する「愛子さまのお相手」リスト 最有力候補はやはり「賀陽家の25歳次男」
週刊ポスト
岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
介護ポストセブンがキャンペーンを実施中
【Amazonギフト券総額10万円分プレゼント!】無料読者会員サービス「介護のなかま」大募集!
NEWSポストセブン