• TOP
  • 芸能
  • 次男がトラブル起こした高岡早紀、これまでの自立的子育て

芸能

2018.01.28 16:00  女性セブン

次男がトラブル起こした高岡早紀、これまでの自立的子育て

放任主義?自立的子育て?

 女優・高岡早紀(45才)の次男が留学先のハワイで警察沙汰を起こしていたことが分かった。高岡はドラマで共演した保阪尚希(50才)と交際4か月で1996年にスピード婚をして、1997年に長男、2000年に次男をもうけた。

 だが、2004年6月に布袋寅泰(55才)との濃密な不倫キス現場を写真誌に報じられ、その後、離婚。親権は保阪が持ったが、以前から「尚ちゃんに親権あげる」と高岡は言っていたという。離婚後もしばらく保阪が子供の面倒を見る同居離婚を送っていたが、半年ほどで解消した。長男が6才、次男は4才の時だった。

 離婚後、高岡は中村獅童(45才)、市川海老蔵(40才)、堤真一(53才)ら数々の“大物”と恋の話が持ち上がっては消えていった。

 2010年9月、交際していた青年実業家との娘(7才)を出産。事実婚生活を送っていたが、その男性は借金を抱えて雲隠れし、1年ほどで事実婚は解消。2014年3月には外食グループの社長との熱愛が報じられ、パーティーでも妻同然に振る舞う姿が目撃されていた。1年半前には、舞台で共演した松坂桃李(29才)に熱く口説かれるデートシーンも。

 息子は、20才と17才。2人とも、ハワイに留学していた。しかし最近、次男がハワイで警察沙汰のトラブルを起こして全寮制の学校を退学したことがわかった。しかもその後、日本に戻り別の高校に入学し直すも、そこでも同じような事件を起こし、退学。

「高岡さんは家事が苦手で、結婚中は保阪さんが毎朝6時に起床して朝食を作り、子供たちを学校に送り迎えしていました。“早紀は男みたいな奴だからな”と保阪さんもよく言っていましたね。愛情深い人ですけど、子供がいても夜中まで酒席にいるのは当然でした。離婚後は、高岡さんのお母さんの手を借りることも多かったです」(高岡の知人)

 家事は母親に任せがちだったが、子供の学校選びには人一倍熱心だった。高岡の長男と次男は幼稚園の年頃から都内の名門インターナショナルスクールに入学した。

「世界各国の子が集まりますが、インターのなかでも教育に厳しく、日本でいう中学生の学年でも成績によって留年することもあります。留年というと聞こえが悪いので転校する子もいますよ。もちろん親の転勤や若い内に海外生活を送らせたいと留学する子も多い。“出入り”がある学校ですね」(スクール関係者)

 2012年、高岡がある決断をする。長男をハワイの学校に留学させたのだ。

関連記事

トピックス