• TOP
  • スポーツ
  • 貴乃花「捨て身の爆弾告発」で八角退陣、大乃国理事長誕生か

スポーツ

2018.02.19 07:00  週刊ポスト

貴乃花「捨て身の爆弾告発」で八角退陣、大乃国理事長誕生か

 恒例の大相撲トーナメントが開かれた2月11日、国技館で協会が異例の記者発表を行なった。貴乃花親方のテレビ出演について、〈番組は協会の許可なく放送されたものであり、日馬富士の暴行事件に関して協会が発表した調査報告書に問題があるとの指摘は、事実と異なるものと考えている〉との見解を表明した。

 その場で報道陣に対応したのは、春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌、55)ではなく、広報副部長の芝田山親方だったのだ。芝田山親方は囲み取材に対し、「一親方がテレビで話していたが、協会としてはしっかりと調査して発表している」とコメント。

「春日野広報部長の部屋での暴行事件が理事選直前に発覚した影響もあるだろうが、執行部側には『貴乃花vs大乃国』の構図を印象づけたい思惑もあっての人選だったはずだ」(前出のベテラン記者)

※週刊ポスト2018年3月2日号

関連記事

トピックス