• TOP
  • 国内
  • 安倍首相が自民“魔の3回生”との与太話ディナーを展開中

国内

2018.03.07 07:00  週刊ポスト

安倍首相が自民“魔の3回生”との与太話ディナーを展開中

「総理の前であがって話が混乱したら大変。だから懇親会では自分のスピーチの順番までこっそり原稿を見て頭に叩き込むのに必死でした。テーブルには美味しそうな料理が並んでいたけど、何を食べたかも味も全く覚えていません」

 まるで一夜漬けの受験生である。

 当の首相は懇親会も4回目になると、議員のスピーチへのアドバイスもそこそこに、「ハイ、次」と流れ作業のようにこなしていたが、若手が自分の前に出るだけで緊張でガチガチになる様子を眺めるのは絶好のストレス解消になったはずだ。懇親会の中身については西村官房副長官から箝口令が敷かれたというが、内容にさしたる機密性は感じられないから、首相のうさ晴らしの実態が詳らかになるのがマズいと判断したのだろうか。

※週刊ポスト2018年3月16日号

関連記事

トピックス