• TOP
  • スポーツ
  • 青学・原監督の“アスリート納税提言”に金メダリスト続々賛同

スポーツ

2018.03.15 16:00  週刊ポスト

青学・原監督の“アスリート納税提言”に金メダリスト続々賛同

原監督が五輪躍進のカギ?(共同通信社)

 歯に衣着せぬ発言で知られる青山学院大学の原晋・駅伝監督(51)が、2月26日放送の『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で新たな大胆提言をぶち上げた。

「“ふるさと納税”にちなんで“アスリート納税”というのを新設したら良いと思うんですよね。アスリートに(金銭的)支援すると税制優遇される。アスリートたちも頑張れると思うんですよね」

 五輪に参加するアスリートたちが金銭面で苦しんでいる現状の打開策として、納税者が応援するアスリートに税金を納める「新税制」を提案したのだ。

 今年箱根駅伝4連覇を達成した原監督は、過去にも「青学選手をマラソンの五輪代表に」と発言したところ、川内優輝選手から「マラソンを語るのは早い」と反論されるなど、さまざまな波紋を呼んできた。今回の発言を元五輪アスリートたちはどう受け取るのか。

 1984年のロサンゼルス五輪の体操男子鉄棒で金メダルを獲得した森末慎二氏(60)は全面賛成だという。

「私の時代はオリンピックに行くのだってタダじゃなかった。当時、マイナー競技だと1回の海外遠征につき15万円くらい自腹で払っていた。合宿だって1日の食費として2000円渡されて“腹減ったらこれで食え”という感じ。今みたいに選手を気遣ってくれなかったですよ。『アスリート納税』が金銭的に困っているマイナー競技をサポートできるならば大賛成です」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス