• TOP
  • スポーツ
  • 金田正一氏 乱闘では「味方の選手までワシを踏んでやがった」

スポーツ

2018.04.08 07:00  週刊ポスト

金田正一氏 乱闘では「味方の選手までワシを踏んでやがった」

 太平洋のファンは試合中にスタンドから物を投げ、終わると同時にバスを取り囲む。最後は警察の提案で、頑丈な護送車で帰ったんだよ。おかげで金田は喧嘩っ早いとのイメージが定着したんじゃよ(笑い)。

 今でも選手には申し訳ないと思っているが、あいつらも日頃の恨みをグラウンドで晴らしよるんじゃ。乱闘になって揉みくちゃにされることはいつものことだったが、気がつけば味方の選手までワシの背中を踏んでやがった(笑い)。

●かねだ・まさいち/享栄商を中退して1950年に国鉄入団。国鉄では14年連続20勝を記録し、1965年巨人移籍。通算400勝、4490奪三振など数々の記録を残し1969年に引退。ロッテ監督として1974年日本一に輝く。

※週刊ポスト2018年4月13日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス