• TOP
  • 国際情報
  • 高須院長 金正恩評価する声に疑問「それこそ歴史修正主義」

国際情報

2018.05.02 07:00  NEWSポストセブン

高須院長 金正恩評価する声に疑問「それこそ歴史修正主義」

南北情勢には注視が必要と語る高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に対して、自由気ままに提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、南北首脳会談について、お話をうかがいました。

 * * *
──4月27日に韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との南北首脳会談が開催されました。朝鮮半島における非核化の実現に向けて、両国が共通認識を持って進んでいくことを宣言しました。

高須:このまま本当に完全非核化が実現すれば、それは喜ばしいことだと思うね。朝鮮半島の人々はもちろん、これまでミサイルをちらつかせて、脅されてきた日本国民にとっても、本当に嬉しいこと。いつ攻撃されるか分からないという、なんともいえない不安から解放されることを意味しているわけだから、

──今回の会談をきっかけに、南北の融和が一気に進むとの見方も強いです。朝鮮戦争の終結、完全な非核化、さらにその先には南北統一までも視野に入っているという分析もあります。

高須:日本の隣国が平和に向かって進んでいくことはとても素晴らしいことだ。このまま近代国家としてどんどん成長していってほしいとも思う。

 でもこれまで日本がされてきたことを思うと、どこまで信用できるか分からないというのも事実だね。金正恩は、散々日本も韓国もアメリカも騙してきたわけだし、そんな人が急に「仲良くなろう」と言ったとして、それをそのまま鵜呑みにするというのは、ちょっと警戒心がなさすぎる。相手はかなり老獪であることはもう分かっているのだから、日本としては慎重なくらいの態度を保つべきだと思うね。

──アメリカのトランプ大統領は、早ければ5月下旬にも米朝首脳会談を開催する予定で、今回の金正恩委員長の動きに対しては、高く評価をしているという立場です。しかし、日本政府は一歩引いたスタンスであり、一部では「蚊帳の外」などと表現されています。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス