• TOP
  • 芸能
  • 女性に執着していた山口達也、知り合い女性に必死に声かけ

芸能

2018.05.10 16:00  女性セブン

女性に執着していた山口達也、知り合い女性に必死に声かけ

会見でマイクを持つ手は時折、震えていた

 大きな衝撃を与えた元TOKIO・山口達也(46才)にまつわる騒動。発端は今年2月12日。山口は自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生2人を自宅マンションに呼び出し、強引にキスを迫ったことに始まる。その後、女子高生が警視庁に被害届を提出。3月末に刑事が山口宅を訪れて3度の事情聴取をしたが、山口が事務所に報告したのは4月16日だった。4月25日にNHKの報道でようやく事件が明らかとなり、他のメンバーは初めて何が起きたかを知った。

 アルコール依存症の疑いがあるといわれる山口だが、実は長年「双極性障害」、いわゆる「躁鬱病」に悩んでいたという。そして、離婚によって孤独感を増したことで、それまで以上にアルコールに耽溺するようになったようだ。そして、山口は女性に執着していく。

「お酒を飲むと気が大きくなり、抑えていた性欲がコントロールできなくなる『脱抑制』が生じます。山口さんは“自分の番組に出ている女の子を呼べば来てくれる”と思ったのでしょう。お酒を飲んだことで性衝動を抑えきれなくなり、わいせつな行為に及んだと考えられます」(精神科医の片田珠美さん)

 テレビ局関係者も「山口さんの酒癖と女癖の悪さは業界で有名だった」と指摘する。

「とくに離婚してからは生活が乱れて、タレントだろうが番組スタッフだろうが“若い女性”に執着することが多かった。司会を務める『ZIP!』(日本テレビ系)でも共演者やスタッフに“飲みに行こう”と声をかけていたので、距離感の近さに驚きました。

 普段は本当に礼儀正しい人ですがお酒を飲むと豹変し、距離を取ろうとする女性スタッフに“お前なんて帰れ”と暴言を吐くこともあった。だから“山口さんとの飲み会には行きたくない”と言うスタッフもいましたが、次の出演回になると“この間はすみませんでした”と謝ってくるので、こちらも“まあ、お酒の席だから仕方ないか”と思ってしまうんです」

 山口と交友関係にある20代後半の女性モデルも言う。

「今回の事件が発覚する少し前にも山口さんから“今から来られない?”って電話がありました。酔っぱらって呂律が回っておらず、すぐにプツッと切れましたが、最近は知り合いの女性に必死に声をかけていたみたいです。寂しかったのかもしれませんが、誰かがつかまれば“他の人はもう用なし”という感じです」

 そんな山口が欲望のよりどころとしたのが『Rの法則』だ。

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス