• TOP
  • ライフ
  • 【著者に訊け】早瀬圭一氏 青山学院教授婦女暴行事件の真相

ライフ

2018.05.12 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】早瀬圭一氏 青山学院教授婦女暴行事件の真相

『老いぼれ記者魂』の著者・早瀬圭一氏

【著者に訊け】早瀬圭一氏/『老いぼれ記者魂 青山学院 春木教授事件四十五年目の結末』/幻戯書房/2400円+税

 事件発覚は昭和48年3月。今からもう45年前になる。同2月11日と13日にわたり、青山学院大学法学部・春木猛教授(当時63)が、同文学部4年〈A・T子〉を暴行し、婦女暴行傷害容疑で逮捕されたと、3月20日付の朝日新聞がスクープ。セクハラという言葉もまだない時代だけに世間は騒然となった。

 この時、毎日新聞社会部記者として取材にあたったのが、『老いぼれ記者魂』の著者・早瀬圭一氏(80)だ。しかし春木はあくまで同意の上だったと犯行を否定。その暴行が二度にまで及び、T子が翌日〈バレンタインデーのチョコレート〉まで春木に渡していたことなど、誰が考えても、「不可解な印象」を拭えなかったという。が、結果的に彼は起訴され、懲役3年の実刑が確定。再審請求も叶わなかった。その春木亡き今、元記者は一人、闇に立ち向かう。

「あの日はもう大騒ぎでして。本来、警視庁担当がやるはずの事件に、僕ら遊軍記者も駆り出されたのです。その後、T子の父の共同経営者で〈地上げの帝王〉こと最上恒産の早坂太吉が事件直後に慰謝料と辞任を要求しながら急に撤回したことや、T子が中尾栄一代議士と知り合いで、卒業後彼の秘書になったこと、学内の派閥争いや厚木校舎用地購入のナゾ等、背後関係を知るほど違和感が募った。

 ただしノンフィクションである以上、証拠のないことは書けない。「現時点で判明したことだけを書き、判断は読者に委ねよう、と」。

〈秋も深まった十一月中旬の午後、JR三鷹駅前からバスに乗った。終点でバスを降り、電話をかけた。声の主は、電車の線路沿いに五分も歩けば「鍼灸治療院」の看板を出した家の前に着くと、道順を教えてくれた〉

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス