• TOP
  • ライフ
  • 99才と94才、「ぎんさんの娘」が健康診断 驚きの結果は?

ライフ

2018.06.03 07:00  女性セブン

99才と94才、「ぎんさんの娘」が健康診断 驚きの結果は?

◆判定不能も…前例のない90代での健診

 身長・体重は、千多代さんが131.5cm、33.5kg、美根代さんは152.4cm、44.1kg。ふたりとも「標準体重より軽い」という結果が出たが、「この年齢の人で健診を受けるかたが少ないので、あくまで参考値としてみてほしい」と看護師。比較するための“前例がない”項目もある。

 例えば、骨密度の検査。本来、骨密度を測るのは80才までを対象とするため、今回は特別にレントゲンを使って大腿骨で測定してもらった。しかしその結果も…。

「骨密度の数値は平均より低いと出ていますが、この“平均”は80代のかたの数値から計算したもの。おふたりの年代のかたの臨床データは少なすぎるので…」

◆おしゃべりが健康の秘訣!?

 すべての健診が終わるまで、約1時間。大きな病院の中を縦横無尽に移動するも、全く疲れた様子は見せない。

 視力や聴力を検査する合間には、千多代さんが記者にこんな貴重な話もしてくれた。

千多代さん「牛乳は体にええと思って、昭和16年から飲んどったんだぎゃ。その頃は戦争中やったから焼夷弾は落ちるしよ。ばばばーって降ってきて、おそげーよー(恐ろしいよ)。防空壕もどかーんいうて、かわいそうに子供が1人出てこなんだ…」

 戦時中の壮絶な暮らしを想像し、無口になるわれわれ。それを察し、千多代さんは場を盛り上げようとこう続けた。

「そんな時代に、牛乳を飲んどりましたっ!」

 ちゃめっけたっぷりに語るさまに、思わず吹き出してしまい、しんみりとしたムードが一変。悲しい体験も苦しい体験も、千多代さんは笑い話に変えてしまうのだ。

 医師の問診でも、そのおしゃべり力が評価されていた。

「美根代さんも千多代さんも耳も目も全体的に落ちてきているが、こりゃあ年齢的にしょうがないで。また、ちょっとしたことで骨が折れてしまいやすい状態だから、転ばないように注意してくださいよ。でも、それだけしっかりしゃべれていれば健康な証拠。食べられてるでしょ? じゃあ大丈夫。やっぱり長生きの家系なんでしょうな」(医師)

 ふたりの診断結果を見ると、肝機能、血中脂質、糖代謝とほぼすべて80代女性の基準値内に収まっていた。

 ちなみに美根代さんは2年前に大腸がんの手術を受け、現在も通院中で、腰痛には悩まされているというが、すこぶる元気そうに見える。

◆長生きのDNAは存在しなかったけれど

 すべての診断が終わったあと、ふたりに感想を聞いた。

千多代さん「さっきお医者さんにも“長生きの家系”と言われたけれど、母は特別やな」

美根代さん「今と同じ年齢のとき、私らより全然元気だったもんなあ。比べるとわしは去年から急に体が年取ったなって感じる。杖をつくようになったのも先月からだしなあ」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス