• TOP
  • 芸能
  • 長澤まさみの誕生日を連日祝う山田孝之、性別を超えた関係か

芸能

2018.06.07 16:00  女性セブン

長澤まさみの誕生日を連日祝う山田孝之、性別を超えた関係か

2日、韓国料理店を出た長澤

 6月3日は長澤まさみ(31才)の誕生日だ。当日の夜9時過ぎ、東京・麻布十番の1人3万円超という超高級会席料理店に彼女の姿があった。白シャツにデニム、ローヒールの靴というシンプルスタイルで、誕生日のドレスアップという格好ではないが、かえって目を引く。その横にいる男性も黒いTシャツにパンツという高級店らしからぬラフな装い──山田孝之(34才)だった。

 この日は長澤も山田も朝から仕事だった。2人が主演する映画『50回目のファーストキス』(6月1日公開)の舞台挨拶で横浜から新宿まで計6回の登壇を終えたあとだった。一度解散し、長澤のために夜に合流。誕生日を共に祝っていた。

 共演は11年ぶり。映画界の第一線を走ってきた2人が意気投合するのは一瞬だった。

「撮影は昨年夏にハワイで行われました。山田さんはストイックで共演者にも媚びない。そのかわり一緒にいい作品を作れると認めた相手にはとことん心を許すタイプ。きれいなだけじゃなく女優としての魅力、力量をキャッチしたのか一気に距離が縮まる感じでした」(映画関係者)

 役柄は、ハワイでコーディネーターをするプレイボーイ・大輔(山田)と、交通事故の後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう「短期記憶障害」の女性・瑠衣(長澤)。ふたりは、毎日“ファーストキス”をくりかえすことになるが…というストーリー。

「タイトルのとおりキスシーンは多いのですが、山田さんは助監督に“長澤さんと必ず1日1回キスできるようにシーンの撮り順を考えてください”と直談判したそうです(笑い)。宿泊ホテルも一緒だったので、毎日ご飯を食べるのも一緒。監督が“2人の相性がよすぎて困る(笑い)”と言うほどでした」(前出・映画関係者)

 帰国後、2人は再び共演する。現在放映中の長澤主演の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)だ。

「このドラマは長澤さんの仕事の都合で昨年12月から撮影に入りました。1話完結で、毎回大物ゲストが出演するんですが、第5話のゲストが山田さん。息はピッタリでしたね」(ドラマ関係者)

 お似合いの2人…と言いたいところだが、長澤は2年前に伊勢谷友介(42才)との破局が報じられて以降、浮いた噂はゼロ。一方の山田は2012年に結婚、私生活ではパパでもある。

「性別を超えて、完全に仲間という関係ですよ。ただいつも男性とつるむことの多い山田さんがこういうふうに女優さんと仲よくなるのは珍しいとは思いますけど」(前出・映画関係者)

 実は誕生日の前日の夜も2人は一緒にいた。この日も舞台挨拶を終え、映画で共演するムロツヨシ(42才)や佐藤二朗(49才)とスタッフら20人ほどで東京・代官山の韓国料理店へ。サプライズでバースデーケーキが登場し、バースデーソングを歌うなど大いに盛り上がった。

「両日とも、2人きりではないですし、スタッフや友人も一緒でしたよ」(前出・映画関係者)

 長らく髭がトレードマークだった山田だが、最近は映画の宣伝もあってか“髭なし姿”を披露。髪形も長澤そっくりでファンからは《最近、ふたりの顔も雰囲気もそっくり》と驚きの声が多数あがっている。

 長澤は「好きという感情より一緒にいて波長があう友達みたいな感覚が大事」だと恋愛における持論を明かしているという。

※女性セブン2018年6月21日号

関連記事

トピックス