• TOP
  • 国内
  • 印税全額寄付の高須院長「炎上商法ならぬ炎上慈善活動だ」

国内

2018.06.29 07:00  NEWSポストセブン

印税全額寄付の高須院長「炎上商法ならぬ炎上慈善活動だ」

著書の印税を全額寄付するという高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に対して、自由気ままに提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、著書の印税全額寄付のお話やサッカーワールドカップのお話をうかがいました。

 * * *
──先日、ツイッターで7月に発売する著書の印税を大阪府に寄付すると発表されましたね。

高須:そうなんだよ。大阪の地震で困っている人がたくさんいるからね。お金は、必要なところに贈るべきだし、必要な人が使わないと意味がない。僕のお金は困った人のためのお金だから、印税も全額寄付するんだ。

──出版されるのは『大炎上』というタイトルの本なんですよね。

高須:僕が日々ツイッターで炎上していることから生まれた本の印税を寄付するということだね。その前の『炎上上等』という本の印税は、2月に起きた台湾地震の被災者支援に全額寄付するんだよ。これもまた、炎上の体験から生まれた本。ということは、ネット上で僕にいろいろ言ってくる人は、間接的に被災地の支援をしていることになるのかな?

──炎上にも意味があったという感じですね。

高須:そうかもね。僕のことが嫌いで悪口を言っている人たちも、存在意義があったってなもんだよ。誰かのネガティブな感情だって、お金に換えれば役に立つ。「炎上商法」っていう言葉もあるけど、まさか自分が「炎上慈善活動」をやるとは思っていなかったね(笑い)。

──いま世界中はサッカーワールドカップロシア大会に熱狂しているところですが、寄付ということでは、リオ五輪で院長が4000万円支援したナイジェリア代表も出場しています。

高須:ちゃんと応援していたんだけどね。アイスランドに2対0で勝ったときは、いけるかと思ったんだけど、アルゼンチンに負けちゃって、予選リーグで敗退。今回のチームへは支援はしなかったけど、2020年の東京オリンピックに出てきてくれれば、サッカーナイジェリア代表チームをしっかり応援するよ。サポーターとして客席で応援するつもり。支援も考えているよ。

──ナイジェリア代表への支援はいろいろと大変だったんですよね。

関連記事

トピックス