• TOP
  • 国際情報
  • 在NY中国人大富豪「日本人の民度は世界で最も尊敬されてる」

国際情報

2018.07.29 07:00  SAPIO

在NY中国人大富豪「日本人の民度は世界で最も尊敬されてる」

 いま日本が改革すべきものは、こうした金融の失敗に加えて、AIやバイオテクノロジーなどの進歩を阻む、社会の保守性であろう。中国人は日本人から多くのものを学ぶべきであるが、逆に日本人が中国人から学ぶべきものもある。

 それはすなわち大局的な国際感覚だ。ローカルな殻に閉じこもり、進取の気風を失って思考が硬直したことが、かつて世界に冠たる水準を誇ったデジタル分野における日本の戦略的優位性を失わせることになっている。

 企業家であるトランプ氏は、日進月歩ならぬ「秒進分歩」と言ってもいいほどのスピードで、どんどん先へと進んで行く人物だ。従来の慣習や心理的な制約にとらわれず、新しい時代を作っていく。

 日本もこうした柔軟性を持ってほしい。SNSやAIやバイオテクノロジーの技術革新がどんどん進んでいく、変化の速い時代に対応して、戦略的に前に進んでいかなければ、将来の日本は没落の道を歩むよりほかなくなるだろう。これは経済分野においてのみならず、北朝鮮問題に象徴される外交や安全保障の分野についても同様だ。

 この時代のなかで、もっと国際的にイニシアチヴを発揮して世界の潮流をリードする国家になってほしい。日本がグローバル化に対応できるか、国内の保守性を打ち破れるかは、アジア全体の平和にとっても極めて重要な問題だ。戦後長らく自国を覆っている自信のなさから、そろそろ脱却すべき時がきている。

 日本は世界で最も優秀な民度を持つ国民を擁している国家だ。努力家で礼儀正しく、政府に迷惑をかけない日本人の民度は、世界で最も尊敬されていると言っても過言ではない。北米でも南米でも、欧州でも中東でも、世界の人々は日本人に対して強いリスペクトを抱いている。これは日本のいちばんの財産だろう。この良好なイメージを、もっと戦略的に利用してほしいし、そうしなくてはならないと思う。

関連記事

トピックス