ライフ

【著者に訊け】道尾秀介氏『スケルトン・キー』

◆今作が鍵となって僕の視界も開いた

 と、ここまでが第一章。物語の性格上、二章以降の展開に関して詳述は避けるが、実は既に事件は起きており、やがて明らかになる真相や憎らしいほどの伏線に、舌を巻くこと必至だ。

 ちなみに表題は、〈丸い軸に四角い歯がついた〉鍵のことで、英語では〈合い鍵〉も意味するとか。母の遺品である〈古い銅製のキー〉を常に持ち歩く錠也もその意味までは知らなかったが、終章ではグリム童話「金の鍵」を引きつつ、亡き母の切なる思いも明かされる。

「これはある少年が雪の中で鍵を見つけ、箱の蓋を開けるというだけのごく短い話ですが、寓話は思いもよらない効果を呼ぶことがある。巻頭に引いたマーク・トウェインの言葉や、ひかりの〈鏡像〉を用いた〈疑似無視〉の話も、この寓話を引用したことで全然違うものに見えてきました。

 物語が物語を深め、それが誰かの実人生をも変える。今回もこの小説自体が鍵となって視界がパッと開けたというか、僕自身、見ているようで何も見ていなかったことを痛感しました」

 例えば向かって右の口角が上がった顔と左の口角が上がった顔では、後者を笑顔と認識する人が多く、ダヴィンチのモナ・リザなども鏡像だと別の印象になる。この人の顔を認識する際に右脳=左の視野を専ら使い、右の視野が無視される脳の働きを〈シュードネグレクト〉、つまり疑似無視という。

「疑似無視は必ずしも悪いことじゃなく、一種の省エネ行動なんですよね。一々全部が見えてしまうと脳は大混乱に陥り、処理を最小限で収めるために左脳の働きをネグレクトする。それは単なる現象であって、良し悪しではないんです」

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン