• TOP
  • 芸能
  • 吉岡里帆主演ドラマ不振 「入浴シーン」でテコ入れの判断も

芸能

2018.08.27 16:00  週刊ポスト

吉岡里帆主演ドラマ不振 「入浴シーン」でテコ入れの判断も

サービス精神発揮か(時事通信フォト)

 現在放送中のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)で、「生活保護受給者への生活支援」という難しいテーマと役どころに挑戦している女優・吉岡里帆(25)。

 吉岡といえば、2016年の朝ドラ『あさが来た』で丸メガネの女学生を演じたほか、数々のドラマで個性的な役柄を演じてきた本格派女優。その一方で、7月発売のファースト写真集『So long』では、すっぴんやヘソ出しカットで素顔と素肌をさらけ出すなど、グラビアタレントとしての一面も併せ持ち、幅広いファンを獲得している。

 今作では、ファンを喜ばせる“あるシーン”が注目を集めている。

「吉岡さんが演じるのは、生活保護業務を担当する新人公務員。ストレスの多い仕事と向き合うなかで、大好きなお風呂で汗を流すのが大好きな女の子、という役柄なんです。第3話では、入浴剤が入った水面から白い脚をのぞかせる“サービス精神”満載のシーンが放送された。前髪をしばっておでこを出しながら、仕事への気持ちを入れ直す姿を、録画して何度も見てしまいました」(吉岡ファンの男性)

 実はこのシーン、ドラマの原作である同名漫画の展開とほぼ同じ。それどころか、原作には他にも2度の入浴シーンが描かれているため、ファンの間では、“再びお風呂場で物思いに耽る吉岡が見られるかも”と期待が高まっているのだ。フジテレビ関係者が明かす。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス